boy be…|ミュージカル座は新しい国産ミュージカルの創造と普及を目的に、1995年に創立した劇団です。今を生きる人とミュージカルの感動を分かち合うために歩みを続けています。オリジナル・ミュージカルなら!

ホーム > ステージ > 

ミュージカル座10月公演 『boy be...』

ミュージカル座10月公演 『boy be...』 Twitter boy be...
はじめに
boy be...

ミュージカル座「横山由和作品」第3弾となる今作品は、あるロボットの成長を描いた心温まる物語。

ストーリー

ある博士が事故でなくした息子の代わりにとロボット“ビー”を作り出す。
しかし、ロボットは息子の代わりにはなれなかった。
誰からも必要とされなくなった“ビー”は、くず鉄と一緒にゴミの山へ…。
その後“ビー”は様々な経験をし、沢山の人と出会っていくうちに、いつしか『人間になりたい』と思うようになる。
しかし彼はロボット…。
 
「何のために僕はいるんだろう…」

スタッフ プロフィール紹介
横山由和(脚本・作詞・演出)

桐朋学園大学演劇科を卒業後、1977年に劇団音楽座を結成。
『ヴェローナ物語』『森林幻想曲』『組曲・楽園』『闇夜の祭り』『夢の降る町』等のミュージカルの脚本・演出を手がける。
1988 年音楽座を退団。以降、音楽座解散まで、座付き作家兼演出家となる。1996年4月の音楽座解散に伴い、Steps エンターテイメントを結成。 『ONE WEEK』『Shocking! Shopping!』『サクセス・ストーリー』『0/30~遙かなる時空を越えて』など数々の作品を手がける。 2012年4月より地元劇場の川崎市アートセンター主催公演「しんゆりシアターミュージカルカンパニー公演」では全作品にて演出を担当。2014年ステップスエンターテイメント解散後は、演劇・ミュージカルの他にも児童劇・オペラ・各種イベント・地域への演劇普及・ワークショップ講師としても精力的に活動している。現在、昭和音楽大学特任教授。

キャスト プロフィール紹介
主演ビー役 神田恭兵

神奈川県茅ヶ崎市出身。昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科卒。卒業と同時に4月ミュージカル「ホンク!」でデビュー。2008年「ミス・サイゴン」トゥイ役で帝劇デビューを果たし、LIVE活動など積極的に取り組んでいる。近年の主な出演作品に、「パンピスの森」「イヴ・サンローラン」「HIGHT FIDELITY」(主演)「ナイツ・テイル」「Suicide Party」(主演)「屋根の上のヴァイオリン弾き」フョートカ/ロシアンテナー役、「ねこはしる」魚役、「Beautiful」「紳士のための愛と殺人の手引き」「スウィーニー・トッド」「tick…. tick… BOOM!」(主演)、「ファンタスティックス」(主演)「レ・ミゼラブル」等がある。この後、ミュージカル「オリヴァー・ツイスト」「星の王子さま」等が控えている。

キャスト
  • 神田恭兵

  • 阿部 裕

  • 柳瀬大輔

  • 蛭牟田実里

  • 徳垣友子

  • 栗原沙也加

  • 岡部あゆみ

  • 倉持一裕

  • 森山大輔
  • 片山千穂
  • 仲本詩菜
  • 牧原穂の花
  • 富樫知美
  • 平塚美和子
  • 福島桂子
  • 有希九美
  • 中村勇矢
  • 松岡美桔
  • 川目晴香
  • 川上茜
  • 喜元和
  • 秋山秀樹
  • 平山トオル
  • 前田佳子
  • 野呂桃花
  • 松田直樹
  • 山本浩輔
  • 大井新生
  • 大場啓博
  • 植田知夏
  • 勝田麗美
  • 飯田恵理香
  • 中村佳菜絵
  • 小田嶋茜子
  • 狩野志帆
  • 堂雪絵
  • 桐本絢可
  • 加藤瞳
  • 四井望友
  • 陶晶瑛
  • 渡部陽花
  • 高木真帆
  • 山口優花
  • 田代菜摘
  • 平田里美
キャスト・役柄
神田恭兵
ビー【博士の作ったロボット】
阿部裕 ・柳瀬大輔
ステファノ【カルメンの兄】
蛭牟田実里 ・徳垣友子
カルメン【ステファノの妹・お手伝い】
栗原沙也加 ・岡部あゆみ
ナーナ【ライム家の三女】
倉持一裕 ・森山大輔
ライム大佐
片山千穂 ・仲本詩菜
ラズベリー【ライム家の次女】
牧原穂の花 ・富樫知美
メロニー【ライム家の長女】
平塚美和子 ・福島桂子
レモーネ【ライム大佐の妻】
福島桂子 ・有希九美
ジャム【ライム大佐の母】
森山大輔 ・中村勇矢
博士【ビーを作った人】
松岡美桔 ・川目晴香
マリーヌ【博士の妻・ビーのママ】
川上茜 ・喜元和
グリエラ【博士の助手】
秋山秀樹 ・倉持一裕
ゲスラー【ライム大佐の敵】
平山トオル
シニョーレ【メロニーの恋人】
前田佳子 ・野呂桃花
ピエール【博士の子供】
中村勇矢 ・秋山秀樹
アンサンブル男性
松田直樹
アンサンブル男性
山本浩輔
アンサンブル男性
大井新生
アンサンブル男性
大場啓博
アンサンブル男性
仲本詩菜 ・片山千穂
アンサンブル女性
喜元和 ・川上茜
アンサンブル女性
植田知夏 ・勝田麗美
アンサンブル女性
飯田恵理香 ・中村佳菜絵
アンサンブル女性
小田嶋茜子 ・狩野志帆
アンサンブル女性
堂雪絵 ・桐本絢可
アンサンブル女性
加藤瞳 ・四井望友
アンサンブル女性
陶晶瑛 ・渡部陽花
アンサンブル女性
高木真帆 ・山口優花
アンサンブル女性
田代菜摘 ・平田里美
アンサンブル女性
公演情報
公演期間

2019年10月09日(水) ~ 10月14日(月)

公演会場
六行会ホール
〠 140-0001
東京都品川区北品川2-32-3

☞ 京浜急行品川駅より普通電車で2駅目 新馬場駅北口より徒歩約3分

☎ 03-3471-3200

公演会場 Webサイト

公演スケジュール
上演時間=約2時間45分(途中休憩15分あり)
 ヒルヨル
10/9(水) 18:30
10/10(木) 18:30
10/11(金) 18:30
10/12(土)13:0018:00
10/13(日)14:0018:30
10/14(月・祝)12:0016:00
チケット料金 (全席指定/税込)
スタッフ
横山由和
【脚本・作詞・演出】
八幡 茂
【作曲】
平塚美和子
【振付】
トクマス ヒロミ
【美術】
小川 修
【照明】
花音美燈 久保田俊一(東宝舞台衣裳部)
【衣裳】
橋本達也
【音響】
二本柳一明
【演奏】
小谷 武
【舞台監督】
松岡美桔
【歌唱指導】
川目晴香
【演出助手】
小宮山知敬
【宣伝美術】
村上恵子
【制作】
竹本敏彰 中本吉成
【プロデューサー】
ハマナカトオル
【エグゼクティブプロデューサー】
ミュージカル座
【企画・製作・主催】
コメント

ボーイズ ビー アンビシャス

横山由和 【脚本・作詞・演出】

小学校の時「戦争は二度としてはいけない」と先生に習った。憲法9条と軍隊と核を持たないということが、戦後世代の誇りでもあり、贖罪でもあった。子供の頃、心に刷り込まれた記憶は、その後の生き方にも大きな影響を与える。
Beというロボットには、父である博士の言葉が刻み込まれている。「人間の役に立て」と。しかしいつも失敗ばかりしてしまうダメロボット。でも機械は反省などしない。パソコンもゲーム機も洗濯機も、次は頑張ろうなどと決して思わない。失敗はすべて人間のせい。Beも人間も何度も過ちを犯す。そして悩む。
「to be or not to be?」そしていつか「Let it be」に変わる時が…。
この作品は子供の頃みんなで観に行った「ピノキオ」が原点なのだ。

公演のお問い合わせ

ミュージカル座

〠 330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル

TEL:048-825-7460
FAX:048-825-7461

E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

PAGE TOP