不思議なラヴ・ストーリー|ミュージカル座は新しい国産ミュージカルの創造と普及を目的に、1995年に創立した劇団です。今を生きる人とミュージカルの感動を分かち合うために歩みを続けています。オリジナル・ミュージカルなら!

ホーム > ステージ > 

ミュージカル座1月公演 『不思議なラヴ・ストーリー』

ミュージカル座1月公演 『不思議なラヴ・ストーリー』 Twitter 不思議なラヴ・ストーリー
 

ミュージカル座 2019年1月公演

 

 

 

 

 

 
ニューヨークで出逢ったジョージとアイリーンの、
不思議で素敵なラヴ・ストーリー。
恋と、笑いと、心躍る音楽で綴るファンタジックなミュージカル!!
2019年1月、多田直人と小此木まりの魅惑のコンビで再演決定!!
中目黒キンケロ・シアターで上演する素敵な新春公演です!
どうぞお楽しみに!!

 

チラシ表

拡大

チラシ裏

拡大

 

 

   ニューヨークで劇作家になることを夢見るジョージと、俳優になることを夢見るジムが共同生活するアパートの部屋。二人の夢は現実の壁にはばまれてうまくいかない。自信を失い、故郷へ帰ろうかと考えていた時、二人の部屋に、突然アイリーンという若い女性がやってくる。初めて会った女性なのに、よく知っている女性のように思えるアイリーンに、ジョージは一目惚れ。すると、アイリーンはジョージに、不思議な話を語り出す。なんと、二人は、過去何度も夫婦として生きて来たというのだ・・・!!

(ミュージカル「不思議なラヴ・ストーリー」過去の舞台写真より)

 

 

公演日程

2019年1月9日(水)~1月14日(月・祝)

公演スケジュール       

2019

1/9

1/10

1/11

1/12

1/13

1/14

曜日

水曜

木曜

金曜

土曜

日曜

月・祝

ヒル

 

 

 

13:00

13:00

13:00

ヨル

18:30

18:30

18:30

18:00

18:30

 

※受付開始は開演の45分前です。開場は開演の30分前です。※本公演は 組・ 組の一部ダブルキャストで上演いたしますが、主演の多田直人と小此木まりは、全ステージ出演いたします。※残席ある場合は、公演開演の45分前より当日券を販売いたします。ご観劇当日のご予約は承っておりません。当日券をご利用ください。※出演者ならびに出演スケジュールに変更がありました場合は、何卒悪しからずご了承ください。出演者変更の場合でも、他日への変更、払い戻しはいたしかねます。※未就学児童のご入場はできません。※車椅子でご来場いただく場合は、ミュージカル座へご連絡をお願い致します。

 

公演会場

中目黒   キンケロ・シアター
http://kinkero-theater.com/
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
◆「中目黒」駅下車「正面改札」出て左へ徒歩8分
  〔東急東横・地下鉄日比谷線〕
TEL:03-3496-1138     FAX:03-3496-1139

チケット料金

6,800円(全席指定/税込)

 

一般前売り開始

2018年11月15日(木)昼12時より

 

チケットお取り扱い

・ミュージカル座
          048-825-7460
          オンラインチケット

 

チケットのお求め&公演に関するお問い合わせ

〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル
TEL:048-825-7460     FAX:048-825-7461
E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

 



 

 

 

主演

ジョージ    多田直人

Tada  Naoto

北海道出身 1983年生まれ。2004年演劇集団キャラメルボックスに入団。主演を数多くつとめる劇団の中核を担う俳優。主な舞台出演:ワンツーワークス『善悪の彼岸』、舞台『おおきく振りかぶって』、TVドラマ:テレビ埼玉『愛と妄想のキングダム』、BSフジ『BARレモン・ハート』、Eテレ・ジャッジ『女子会プロレス』。またナレーション、吹き替え、ラジオドラマなど声の仕事も多い。ミュージカル座にはミュージカル『BEFORE AFTER』ベン役(主演)に続く2度目の出演。

 


 

 

アイリーン    小此木まり

Okonogi  Mari

東京都出身。6歳で子役デビュー。その後、舞台を中心にテレビやCMにも出演。主な出演舞台に、TEAM NACS『PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて』、『ピノキオ〜または白雪姫の悲劇〜』、『I LOVE A PIANO』、『ハートスートラ』、『手紙 2017』、『ソレイル』等。最近では歌や声の仕事にも活動の幅を広げ、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」では、日本語吹替版でラプンツェル役歌唱部分を担当。現在、11月まで『ジャージー・ボーイズ』(再演)に出演中。

 


 

ジム(ジム(グレンダ(グレンダ(
麻田キョウヤ萬谷法英浅野実奈子真樹めぐみ

 

シンプソン氏(シンプソン氏(エリザベス(エリザベス(
高橋辰也奈良坂潤紀井坂 茜伊藤美咲

 

ジョージの母(ジョージの母(エレノア(エレノア(
片岡直美三辻香織安井久乃篠崎未伶雅

 

エレノアばあちゃん(エレノアばあちゃん(マスター(マスター(
上野さゆり三宅文子加藤義宗黒沼 亮

 

マスター(マスター(マスター(マスター(
吉野めぐみ廣岡真帆藤田沙知小笠原桜子

 


 

スタッフ

脚本・作詞・演出・振付/ハマナカトオル    作曲・編曲・音楽監督/西出真理
タップダンス振付/藤井真梨子    美術/松野 潤   衣裳/中埜愛子
照明/柏木春香   音響/中村恵美子    小道具/菅田紗子   映像/ツノダイチロウ
舞台監督/小野貴巳    演出助手/梅沢明恵   歌唱指導/高橋辰也
イラスト/白井恵子   宣伝美術/シマクラヨウ   制作/三辻香織
プロデューサー/竹本敏彰   エグゼクティブ・プロデューサー/ハマナカトオル
企画・製作・主催/ミュージカル座

 


 

袖すり合うも多生の縁

 

                                                            脚本・作詞・演出・振付/ハマナカトオル

 

   ミュージカル「不思議なラヴ・ストーリー」を一言で言うなら、「袖すり合うも多生の縁」をミュージカル・コメディにしたお話と言えます。「袖すり合うも多生の縁」とは、知らない人と、ちょっと道で袖が触れ合うほどの小さなことも、前世からの深い因縁なのだから、人との縁は大切にしなければならないという言葉です。

   人は生まれ変わるか、生まれ変わらないか、そんなことは私には分かりませんが、私はこの考えを、昔から面白いと思っていて、こうしてミュージカルの題材に取り上げました。私にとっては、とてもリアルな考え方だからです。この考え方で人生や周囲の人を見渡すと、一人一人が、とても大事な人に思えて来ます。どうしてこの人に惹かれるのか、なぜこの人とは深い付き合いになったのか。あるいはその反対で、どうしてウマが合わないのか。その理由は分からないけれど、魂の奥深くで、自分にとってなんらかの縁がある人なのだと考えることは、私の性に合った考え方です。舞台俳優は、作品ごとに生まれ変わって違う人生を生きますが、前の舞台で共に苦労し合って役を生きた人と、初めてご一緒する人とは、顔合わせの時から感情移入が違いますよね。だから、感覚的によく分かるのです。私の人生でも、そうとしか考えられない多くの出来事を経験し、感じて来ましたので、今は、若い時よりも、縁や運命を感じながら生きようと思うようになりました。

   この作品は、私がまだ30歳くらいの時に執筆した作品です。最初はストレートプレイのコメディとして書き、博品館劇場で上演しました。タイトルはプロデューサーがつけた今とは違うもので、演出も私ではありませんでした。とても気に入っていた本だったので、ミュージカル座が出来たあとにミュージカルに書き直し、タイトルも現在のものに改題して、2度上演しています。しかし、これまでは音楽がオリジナルではなく、外国のヒット曲を使用して、そこに日本語歌詞を乗せたものだったので、今回、作曲家の西出真理さんと出会い、念願だったこの作品の完全オリジナル化に挑戦することになりました。脚本と歌詞も、この機会に全面的に書き直し、これから長く上演出来る作品になるよう、心を込めて仕上げたいと思っています。主演キャストには、多田直人さんと小此木まりさんという最高のコンビが実現しました。その他のキャストも、皆さん役にぴったりとした実力キャストです。2019年1月、中目黒キンケロ・シアターでの公演です。小さなコメディですが、正月明けの作品にふさわしいハッピーな作品ですので、皆様、どうぞ劇場にお越しください。

 


 

作家プロフィール紹介

ハマナカトオル(脚本・作詞・演出・振付)

1958年東京生まれ。ミュージカル作家・演出家・プロデューサー。俳優宝田明氏が主催する宝田芸術学園でミュージカルを学び、舞台俳優の活動を経て脚本・演出家として独立。数々の作品を発表した。1993年から専門学校舞台芸術学院ミュージカル部別科の主任講師として、19回の卒業公演を作・演出。多くの生徒を育てた。1995年、国産の新作ミュージカルの創造と普及を目的に「ミュージカル座」を創立。劇団代表・座付作家・演出家・プロデューサーとして、「ひめゆり」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「ゴースト」「ロザリー」「ルルドの奇跡」「サイト」「アインシュタイン・フォーリーズ」「センス・オブ・ワンダー」「ブロードウェイ殺人事件」「ニューヨーカーズ」「スウィングボーイズ」「舞台に立ちたい」「コンチェルト」「雪の女王」「不思議なラヴ・ストーリー」「赤ひげ」「わだつみのこえ」「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」「チェアーズ」「スター誕生」「おでかけ姫」「月に歌えば」「ハートスートラ」「結婚行進曲」「タイムトラベラー」「二人でミュージカル」「アワード」等のオリジナル・ミュージカルや、「ママの恋人」「野の花」等のストレートプレイを発表。劇団外では、松竹「花いくさ」、黒木瞳「ママ・ラヴズ・マンボ」シリーズ、「今井清隆ファースト・コンサート」、「イル・ミュージカーレ」などを手がける。最近では、新しいミュージカル作家・演出家のプロデュースに意欲的に取り組み、竹本敏彰作「ロイヤルホストクラブ」、藤倉梓作「カムイレラ」等、多くのオリジナル・ミュージカルを製作。日本のミュージカルの普及と発展のために力を尽くしている。公益社団法人日本演劇協会会員。

 

西出真理(作曲・編曲・音楽監督)

オーストラリア・シドニー生まれ。香港、東京育ち。日本大学芸術学部 音楽学科 作曲コース卒業、大学院芸術学研究科 音楽芸術(作曲)専攻 修士課程修了。大学ではクラシックや現代音楽の作曲法を学びながら、ミュージカル研究会に所属し、オリジナル・ミュージカル作品の作編曲や音源製作をする。卒業後も、舞台や映像作品、TV・ラジオ・ ゲームアプリのBGM、ポップス、クラシック等、多方面で作編曲活動を行う他、ミュージカル俳優・ミュージカル女優のライヴにて伴奏も行なっている。国際ピアノデュオ作曲コンクール入賞、他多数受賞。2016年、作詞・作曲した楽曲が環境省ソングコンテストにおいて水・大気環境局長賞を受賞し、 名水百選PRムービーに使用された。2017年には、そごう川口店オリジナルショートムービー『魔法の城のメグミちゃん』やラグビーワールドカップPR動画『HEAD FOR YOKOHAMA! KANAGAWA!』(角川裕明監督)など、ミュージカル映像作品での作曲・編曲を担当する。2018年5月には、人気ゲーム『ペルソナ』シリーズのショーイベントで使用される、ラップ・ミュージカル曲の作曲及び編曲をした。ピアノ演奏での出演舞台作品に『BEFORE AFTER』(ミュージカル座)、『半神』(絵空箱 共同演出企画)、『29』(Gotta2)、など。

 

 

〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル
TEL:048-825-7460     FAX:048-825-7461
E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

 

 

 

   「不思議なラヴ・ストーリー」公式Twitter

 

 

 
はじめに
不思議なラヴ・ストーリー
『不思議だよね。会った途端に、愛しているって言うなんて!』

ニューヨークで出逢った
ジョージとアイリーンの、
不思議で素敵なラヴ・ストーリー。
恋と、笑いと、心躍る音楽で綴る
ファンタジックなミュージカル!!
2019年1月、多田直人と小此木まりの
魅惑のコンビで再演決定!!
中目黒キンケロ・シアターで上演する
素敵な新春公演です!
どうぞお楽しみに!!

ストーリー

ニューヨークで劇作家になることを夢見るジョージと、俳優になることを夢見るジムが共同生活するアパートの部屋。二人の夢は現実の壁にはばまれてうまくいかない。自信を失い、故郷へ帰ろうかと考えていた時、二人の部屋に、突然アイリーンという若い女性がやってくる。初めて会った女性なのに、よく知っている女性のように思えるアイリーンに、ジョージは一目惚れ。すると、アイリーンはジョージに、不思議な話を語り出す。なんと、二人は、過去何度も夫婦として生きて来たというのだ・・・!!

キャスト
  • ジョージ()

    多田直人
  • アイリーン()

    小此木まり
  • ジム()


    麻田キョウヤ
  • ジム()


    萬谷法英
  • グレンダ()


    浅野実奈子
  • グレンダ()


    真樹めぐみ
  • シンプソン氏()


    高橋辰也
  • シンプソン氏()


    奈良坂潤紀
  • エリザベス()


    井坂 茜
  • エリザベス()


    伊藤美咲
  • ジョージの母()


    片岡直美
  • ジョージの母()


    三辻香織
  • エレノア()


    安井久乃
  • エレノア()


    篠崎未伶雅
  • エレノアばあちゃん()


    上野さゆり
  • エレノアばあちゃん()


    三宅文子
  • マスター()


    加藤義宗
  • マスター()


    黒沼 亮
  • マスター()


    吉野めぐみ
  • マスター()


    廣岡真帆
  • マスター()


    藤田沙知
  • マスター()


    小笠原桜子
キャスト・役柄
多田直人()
ジョージ
小此木まり()
アイリーン
麻田キョウヤ( )・萬谷法英( )
ジム
浅野実奈子( )・真樹めぐみ( )
グレンダ
高橋辰也( )・奈良坂潤紀( )
シンプソン氏
井坂 茜( )・伊藤美咲( )
エリザベス
片岡直美( )・三辻香織( )
ジョージの母
安井久乃( )・篠崎未伶雅( )
エレノア
上野さゆり( )・三宅文子( )
エレノアばあちゃん
加藤義宗( )・黒沼 亮( )
マスター
吉野めぐみ( )・廣岡真帆( )
マスター
藤田沙知( )・小笠原桜子( )
マスター
スタッフ
ハマナカトオル
【脚本・作詞・演出・振付】
西出真理
【作曲・編曲・音楽監督】
藤井真梨子
【タップダンス振付】
松野 潤
【美術】
中埜愛子
【衣裳】
柏木春香
【照明】
中村恵美子
【音響】
菅田紗子
【小道具】
ツノダイチロウ
【映像】
小野貴巳
【舞台監督】
梅沢明恵
【演出助手】
高橋辰也
【歌唱指導】
白井恵子
【イラスト】
シマクラヨウ
【宣伝美術】
三辻香織
【制作】
竹本敏彰
【プロデューサー】
ハマナカトオル
【エグゼクティブ・プロデューサー】
ミュージカル座
【企画・製作・主催】
公演情報
公演期間

2019年01月09日(水) ~ 01月14日(月)

公演会場
中目黒キンケロ・シアター
〠 153-0042
東京都目黒区青葉台1-15-11

☞ 「中目黒」駅下車「正面改札」出て左へ徒歩8分〔東急東横・地下鉄日比谷線〕

☎ 03-3496-1138

公演会場 Webサイト

公演スケジュール
 ヒルヨル
1/9(水) 18:30
1/10(木) 18:30
1/11(金) 18:30
1/12(土)13:0018:00
1/13(日)13:0018:00
1/14(月)13:00 
  • 受付開始は開演の45分前です。開場は開演の30分前です。

  • 本公演は、 組・ 組の一部ダブルキャストで上演いたしますが、主演の多田直人と小此木まりは、全ステージ出演いたします。

  • 残席ある場合は、公演開演の45分前より当日券を販売いたします。ご観劇当日のご 予約は承っておりません。当日券をご利用ください。

  • 出演者ならびに出演スケジュールに変更がありました場合は、何卒悪しからずご了承ください。出演者変更の場合でも、他日への変更、払い戻しはいたしかねます。

  • 未就学児童のご入場はできません。

  • 車椅子でご来場いただく場合は、ミュージカル座へご連絡をお願い致します。

チケット料金 (税込)
  • 全席指定 6,800円
チケット取扱い
ミュージカル座
☎048-825-7460
キャスト プロフィール紹介
主演 ジョージ役 多田直人

北海道出身 1983年生まれ。2004年演劇集団キャラメルボックスに入団。主演を数多くつとめる劇団の中核を担う俳優。主な舞台出演:ワンツーワークス『善悪の彼岸』、舞台『おおきく振りかぶって』、TVドラマ:テレビ埼玉『愛と妄想のキングダム』、BSフジ『BARレモン・ハート』、Eテレ・ジャッジ『女子会プロレス』。またナレーション、吹き替え、ラジオドラマなど声の仕事も多い。ミュージカル座にはミュージカル『BEFORE AFTER』ベン役(主演)に続く2度目の出演。

アイリーン役 小此木まり

東京都出身。6歳で子役デビュー。その後、舞台を中心にテレビやCMにも出演。主な出演舞台に、TEAM NACS『PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて』、『ピノキオ〜または白雪姫の悲劇〜』、『I LOVE A PIANO』、『ハートスートラ』、『手紙 2017』、『ソレイル』等。最近では歌や声の仕事にも活動の幅を広げ、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」では、日本語吹替版でラプンツェル役歌唱部分を担当。現在、11月まで『ジャージー・ボーイズ』(再演)に出演中。

スタッフ プロフィール紹介
ハマナカトオル(脚本・作詞・演出・振付)

1958年東京生まれ。ミュージカル作家・演出家・プロデューサー。俳優宝田明氏が主催する宝田芸術学園でミュージカルを学び、舞台俳優の活動を経て脚本・演出家として独立。数々の作品を発表した。1993年から専門学校舞台芸術学院ミュージカル部別科の主任講師として、19回の卒業公演を作・演出。多くの生徒を育てた。1995年、国産の新作ミュージカルの創造と普及を目的に「ミュージカル座」を創立。劇団代表・座付作家・演出家・プロデューサーとして、「ひめゆり」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「ゴースト」「ロザリー」「ルルドの奇跡」「サイト」「アインシュタイン・フォーリーズ」「センス・オブ・ワンダー」「ブロードウェイ殺人事件」「ニューヨーカーズ」「スウィングボーイズ」「舞台に立ちたい」「コンチェルト」「雪の女王」「不思議なラヴ・ストーリー」「赤ひげ」「わだつみのこえ」「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」「チェアーズ」「スター誕生」「おでかけ姫」「月に歌えば」「ハートスートラ」「結婚行進曲」「タイムトラベラー」「二人でミュージカル」「アワード」等のオリジナル・ミュージカルや、「ママの恋人」「野の花」等のストレートプレイを発表。劇団外では、松竹「花いくさ」、黒木瞳「ママ・ラヴズ・マンボ」シリーズ、「今井清隆ファースト・コンサート」、「イル・ミュージカーレ」などを手がける。最近では、新しいミュージカル作家・演出家のプロデュースに意欲的に取り組み、竹本敏彰作「ロイヤルホストクラブ」、藤倉梓作「カムイレラ」等、多くのオリジナル・ミュージカルを製作。日本のミュージカルの普及と発展のために力を尽くしている。公益社団法人日本演劇協会会員。

西出真理(作曲・編曲・音楽監督)

オーストラリア・シドニー生まれ。香港、東京育ち。日本大学芸術学部 音楽学科 作曲コース卒業、大学院芸術学研究科 音楽芸術(作曲)専攻 修士課程修了。大学ではクラシックや現代音楽の作曲法を学びながら、ミュージカル研究会に所属し、オリジナル・ミュージカル作品の作編曲や音源製作をする。卒業後も、舞台や映像作品、TV・ラジオ・ ゲームアプリのBGM、ポップス、クラシック等、多方面で作編曲活動を行う他、ミュージカル俳優・ミュージカル女優のライヴにて伴奏も行なっている。国際ピアノデュオ作曲コンクール入賞、他多数受賞。2016年、作詞・作曲した楽曲が環境省ソングコンテストにおいて水・大気環境局長賞を受賞し、 名水百選PRムービーに使用された。2017年には、そごう川口店オリジナルショートムービー『魔法の城のメグミちゃん』やラグビーワールドカップPR動画『HEAD FOR YOKOHAMA! KANAGAWA!』(角川裕明監督)など、ミュージカル映像作品での作曲・編曲を担当する。2018年5月には、人気ゲーム『ペルソナ』シリーズのショーイベントで使用される、ラップ・ミュージカル曲の作曲及び編曲をした。ピアノ演奏での出演舞台作品に『BEFORE AFTER』(ミュージカル座)、『半神』(絵空箱 共同演出企画)、『29』(Gotta2)、など。

コメント

袖すり合うも多生の縁

ハマナカトオル 【脚本・作詞・演出・振付】

 ミュージカル「不思議なラヴ・ストーリー」を一言で言うなら、「袖すり合うも多生の縁」をミュージカル・コメディにしたお話と言えます。「袖すり合うも多生の縁」とは、知らない人と、ちょっと道で袖が触れ合うほどの小さなことも、前世からの深い因縁なのだから、人との縁は大切にしなければならないという言葉です。

 人は生まれ変わるか、生まれ変わらないか、そんなことは私には分かりませんが、私はこの考えを、昔から面白いと思っていて、こうしてミュージカルの題材に取り上げました。私にとっては、とてもリアルな考え方だからです。この考え方で人生や周囲の人を見渡すと、一人一人が、とても大事な人に思えて来ます。どうしてこの人に惹かれるのか、なぜこの人とは深い付き合いになったのか。あるいはその反対で、どうしてウマが合わないのか。その理由は分からないけれど、魂の奥深くで、自分にとってなんらかの縁がある人なのだと考えることは、私の性に合った考え方です。舞台俳優は、作品ごとに生まれ変わって違う人生を生きますが、前の舞台で共に苦労し合って役を生きた人と、初めてご一緒する人とは、顔合わせの時から感情移入が違いますよね。だから、感覚的によく分かるのです。私の人生でも、そうとしか考えられない多くの出来事を経験し、感じて来ましたので、今は、若い時よりも、縁や運命を感じながら生きようと思うようになりました。

 この作品は、私がまだ30歳くらいの時に執筆した作品です。最初はストレートプレイのコメディとして書き、博品館劇場で上演しました。タイトルはプロデューサーがつけた今とは違うもので、演出も私ではありませんでした。とても気に入っていた本だったので、ミュージカル座が出来たあとにミュージカルに書き直し、タイトルも現在のものに改題して、2度上演しています。しかし、これまでは音楽がオリジナルではなく、外国のヒット曲を使用して、そこに日本語歌詞を乗せたものだったので、今回、作曲家の西出真理さんと出会い、念願だったこの作品の完全オリジナル化に挑戦することになりました。脚本と歌詞も、この機会に全面的に書き直し、これから長く上演出来る作品になるよう、心を込めて仕上げたいと思っています。主演キャストには、多田直人さんと小此木まりさんという最高のコンビが実現しました。その他のキャストも、皆さん役にぴったりとした実力キャストです。2019年1月、中目黒キンケロ・シアターでの公演です。小さなコメディですが、正月明けの作品にふさわしいハッピーな作品ですので、皆様、どうぞ劇場にお越しください。

公演のお問い合わせ

ミュージカル座

〠 330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル

TEL:048-825-7460
FAX:048-825-7461

E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

PAGE TOP