トラブルショー(2018)|ミュージカル座は新しい国産ミュージカルの創造と普及を目的に、1995年に創立した劇団です。今を生きる人とミュージカルの感動を分かち合うために歩みを続けています。オリジナル・ミュージカルなら!

ホーム > ステージ > 

ミュージカル座10月公演 『トラブルショー』

ミュージカル座10月公演 『トラブルショー』 トラブルショー
動画コレクション

はじめに
トラブルショー
大爆笑のスーパードタバタミュージカル!2018年待望の再演決定!!

新劇場のこけら落とし公演という晴れ舞台で、ミュージカルの作・演出を任された駆け出しの劇作家に襲いかかるトラブルの連続!ブッ飛んだ登場人物!ありえないハプニング!刻一刻と迫る初日の舞台を成功に導くまでを、多彩なナンバーとショーダンスを散りばめ、大爆笑の連続で描いたバックステージものの極めつけ!スーパードタバタミュージカル・コメディの傑作が、さらにパワーアップして再演決定!

ストーリー

うだつの上がらない劇作家、田辺一星に、その助手である玉木太郎が新劇場のこけら落とし公演の仕事を持ってくる。しかしそれは、予定していた作家が病気や不慮の事故で次々と変わり、短期間で作り上げなければならない、誰も引き受けない仕事だった。だが、当初からキャスト・スタッフの変更はなく、超一流と呼ばれる大物俳優、人気トレンディ俳優を相手に劇作家の田辺は一旗揚げようと、自ら作・演出をかって出る。しかしその他のキャストも、クセモノだらけだった・・・。 劇作家と演出助手の二人を中心に、作曲家、大物俳優、プロデューサー、スポンサー、舞台監督、衣裳、照明スタッフ、アクション俳優、コーラスガールなど、公演に携わる全てのメンバーに襲いかかる、ありえないトラブルの連続の中、初演のステージを綱渡りで成功させようと奮闘する、スーパードタバタコメディの決定版。果たして幕は開くのか!?

スタッフ
竹本敏彰
【脚本・作詞・演出】
木村直樹
【作曲・編曲】
玉麻尚一
【作曲・編曲・音楽監督】
中本吉成
【演出補】
穴沢裕介
【振付】
川田真由美
【制作】
竹本敏彰
【プロデューサー】
ハマナカトオル
【エグゼクティブ・プロデューサー】
ミュージカル座
【企画・製作・主催】
公演情報
公演期間

2018年10月18日(木) ~ 10月22日(月)

公演会場
IMAホール
〠 179-0072
東京都練馬区光が丘5-1-1 IMA中央館4F

☞ 都営地下鉄大江戸線「光が丘駅」下車 A4出口

☎ 03-3976-2000

公演会場 Webサイト

公演スケジュール
上演時間=3時間(途中休憩20分)
 12:3017:3018:30
10/18(木)  
10/19(金)  
10/20(土) 
10/21(日)  
10/22(月)  
チケット料金 (全席指定/税込)
チケット取扱い
ミュージカル座
☎048-825-7460
スタッフ プロフィール紹介
竹本敏彰(脚本・作詞・演出)

ミュージカル作家・演出家・プロデューサー。 舞台芸術学院でミュージカルを学び、その後ミュージカル座の中心俳優として多くの作品に立ちながら、ミュージカル作家、演出家としても活躍し、「ロイヤルホストクラブ」「トラブルショー」「マリオネット」「タイム・フライズ」「ブレイン・ストーム」「ニッキー」「ジュニア」を発表。ユーモアをふんだんに織り交ぜながら、ストーリーの核心へと展開させていく作風と筆力は、新聞等の劇評でも絶賛され高い評価を受け、多数の作品が日本芸術文化振興会の助成対象事業に採択されている。また、ディズニー・アニメ「くまのプーさん」プーの吹替えを2003年から担当し、声優としても活躍している。日テレ学院、日本工学院で俳優・声優・ミュージカル講師として、若手の育成にも力を注ぐ。
一般社団法人日本劇作家協会会員。

木村直樹(作曲・編曲)

ドラムス、キーボード、ギター、ヴォーカル、作詞、作曲、編曲、コンピュータープログラミング、プロデュース。

今までに森高千里、網浜直子、ANTHONY LUN、小野正利、かとうれいこ、河相我聞、河合その子、桑野信義、KENJIRO、小柳ルミ子、鈴木聖美、鈴木雅之、鈴里真帆、平松愛理、森高千里、柳ジョージ、山下徹大、吉田栄作、平松愛理、一路真輝、小柳ルミ子など、多くのアイドル・アーティストなどのライブサポートを努める。2001年夏からロックバンド“HOT KUMA ”に参加しドラムを担当。ミュージカルは「シェルブールの雨傘」「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」などのオーケストラに参加。作編曲家としても活動し、竹本敏彰と2006年に出会い「トラブルショー」「ロイヤルホストクラブ」「マリオネット」の3作品の作編曲・音楽監督を務めた後、その才能を惜しまれつつ46歳の若さで永眠。

玉麻尚一(作曲・編曲・音楽監督)

作曲家。音楽監督 。これまでに150作品を越えるオリジナル・ ミュージカルの作曲を手掛けている。く2017年度作品>「52デイズ」(坊ちゃん劇場公演)、償罪周色の刻」(宝塚歌劇団月組)、「春の踊り」(OSK)、「降るアメリカに袖は濡らさじ」(明治座公演・大地真央主演)、「阿豆流為」(宝塚歌劇団星組)、「ベルリン、わが愛」(宝塚歌劇団星組)、「ヘッズ アップ」(ラサール石井演出・哀川翔主演)、「ドッグファイト」(山田和也演出・屋良朝幸主演)、「PUKULJ (日本育年館公演・謝珠栄演出)、またスポレク・植樹祭•高校総体の開会式の音楽監督を務める。「リンカーン」(宝塚歌劇団花組)の作曲で読売新聞大賞•スタッフ賞を受賞。

穴沢裕介(振付)

ミュージカル俳優・ダンサー。

大学からダンスを始め、2008年より徐々にダンサーとしての活動を始める。現在はミュージカルを中心に出演し、ダンス・歌・芝居などの活動の他、ゲーム、アニメのモーションアクターやWeb映像の仕事など幅広く活動している。劇団やサークル公演での振付も行う。振付歴は約9年。

ミュージカル座には2018年4月『タイム・フライズ』に振付助手として初参加。今回2度目の参加になる。

《主な出演作》
劇団☆新感線
『修羅天魔~髑髏城の七人Season極』黒平役
『髑髏城の七人season風』青吉役
ACT×DANCE『Double Flat』スール役
「ツキウタ」ステージ
『TRI! SCHOOL REVOLUTION! Ver. BLACK』逢坂夏役
ミュージカル『プリシラ』
ブロードウェイミュージカル『Kinky Boots』Angels役
ミュージカル『THE WIZ』

コメント

TROUBLEをSHOWにしよう!

竹本敏彰(脚本・作詞・演出)

「トラブルショー」は、その名の通りTROUBLEをSHOWにした作品です。

舞台公演の打ち上げの席では、必ずと言っていいほど本番の失敗談に花が咲き、大盛り上がりしているのが常です。まさしく“すべらない話”で鉄板です。そんな光景を遠巻きに眺めながら、「本番中のアクシデントや失敗が次々と起こるコメディを創ろう!」と思い立ったのです。この作品は何と言っても王道のバックステージものですから、舞台裏を見せないことには始まりません。一幕では登場人物の背景をユーモアたっぷりに描きながら、重厚な劇中劇を展開させ、二幕では劇中劇の本番の舞台裏を表現しています。二幕では一見お芝居が主となりますが、観客には見えない本舞台からは一幕で聞いた劇中劇の楽曲が聞こえてくる。それにより観客は袖中で進行するキャスト・スタッフのドタバタ劇を楽しむと同時に、一幕で見た劇中劇を思い浮かべながら想像の中で本舞台を見る・・・。これがやりたかった為に、幕間20分間の休憩時間すべてを費やして、カンパニー総動員で舞台美術の大規模なセットチェンジを行うことになるとは・・・まさに舞台裏を描いた舞台裏もドタバタなのです。そんな「トラブルショー」は強烈に自分に問いかけてきます。「いつもショーマンシップの精神を忘れずに、観客を喜ばせようとしているか!?」「困難から逃げだそうとせず、今を精いっぱい生きているか!?」と。まぁでも、トラブルなんか時が経てば、誰かを笑わせるいいネタに変わるのです。だからトラブルが起こったらこう思うことにしています。TROUBLEをSHOWにしよう!と。

サウンドトラック
ミュージカル「トラブルショー」overture
作曲・編曲/木村直樹
公演のお問い合わせ

ミュージカル座

〠 330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル

TEL:048-825-7460
FAX:048-825-7461

E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

PAGE TOP