ジュニア(2018’12月)|ミュージカル座は新しい国産ミュージカルの創造と普及を目的に、1995年に創立した劇団です。今を生きる人とミュージカルの感動を分かち合うために歩みを続けています。オリジナル・ミュージカルなら!

ホーム > ステージ > 

ミュージカル座12月公演 『ジュニア』

ミュージカル座12月公演 『ジュニア』 Twitter ジュニア
2018年12月。早くも再演決定!!

今年2月に中目黒キンケロ・シアターで初演を迎えた「ニッキー」に続く、竹本敏彰作のジュニア・ミュージカルの第二弾。その名も「ジュニア」の再演が早くも決定致しました!

客席数130 席の小劇場で、1時間45分ノンストップで歌い踊る、ジュニアたちの舞台に掛ける姿を是非観に来てください!客席も、笑って泣いて拍手して。大忙しの舞台です!どうぞご期待下さい!

はじめに
ジュニア
ジュニアキャストの奮闘記を描いたミュージカル!

劇場のロビーでジュニアキャストのお母様たちと会話をしていると、よくこんな言葉が聞こえてきます。「もう中学生になっちゃったので」「もう声変わりが始まっちゃったので」「もう来年受験なので」「もう140cm越えちゃったので」・・・そうなんです。子役として活動できる期間は短いのです。そんな声をヒントに、限られた時間の中で必死に役を勝ち取ろうとするジュニアたちの奮闘記を描いた作品その名も「ジュニア」の再演が、異例の早さで決定しました。竹本敏彰のユーモアたっぷりの脚本と、玉麻尚一による多彩な楽曲構成で、ジュニアたちの舞台に掛ける、溢れんばかりの情熱と想いを全12曲のミュージカル・ナンバーに乗せて歌い上げる素敵なミュージカルです!

ストーリー

ミュージカルのオーディション会場に現れたジュニアたち。演出家は作品に相応しいキャストを慎重に選ぶため様々な要求を出し、キャスト一人一人の実力と可能性を見極めながらオーディションは進行していく。そして質疑応答の中で、ジュニアたちは、レッスンのこと、学校のこと、家族のこと、将来のことを話し始める。等身大のジュニアたちの《今》を、ユーモアたっぷりに綴った素敵なミュージカルです!

 

キャスト

  • 廣瀬思月

  • 香好

  • 松岡芽依

  • 阿萬はなね

  • 髙橋美波

  • 池田里菜

  • 佐々木琴花

  • 大沼沙夏海コーラル

  • 中村茉稟

  • 香西愛美

  • 阿久津菜摘

  • 森村珠子

  • 大木愛子

  • 荒巻茉生

  • 森田月渚

  • 原田 礼

  • 鈴木蘭清

  • 内海帆乃夏

  • 石川雄己

  • 山口れん

  • 羽賀惇大

  • 米澤賢人

  • 伊藤俊彦

  • 藤澤知佳

  • 五大輝一

  • 川田真由美

  • 奈良坂潤紀

  • 野沢美喜
キャスト・役柄
廣瀬思月     香好   

山本咲良【ファイナリスト A89】
松岡芽依     阿萬はなね

高梨 杏【ファイナリスト A111】
髙橋美波     池田里菜 

瀬戸きらら【ファイナリスト B230】
佐々木琴花    大沼沙夏海コーラル

南 亜依里【ファイナリスト B278】
中村茉稟     香西愛美 

二ノ宮小春【ファイナリスト B291】
阿久津菜摘    森村珠子 

森 和奏【ファイナリスト C321】
大木愛子     荒巻茉生 

梶 朱音【ファイナリスト C396】
森田月渚     原田 礼 

長谷川柑奈【ファイナリスト D451】
鈴木蘭清     内海帆乃夏

生駒 笑【ファイナリスト D565】
石川雄己     山口れん 

水谷亜斗夢【ファイナリスト S7】
羽賀惇大 
片桐騎士【ファイナリスト M55】
米澤賢人 
鈴木周太【ファイナリスト BIG1】
伊藤俊彦 
おかざきこうたろう【演出家】
藤澤知佳 
澤木 結【演出助手/他】
五大輝一 
アンサンブルA【保護者/先生/他】
川田真由美
アンサンブルB【保護者/先生/他】
奈良坂潤紀
アンサンブルC【保護者/先生/他】
野沢美喜 
アンサンブルD【保護者/先生/他】
スタッフ
竹本敏彰
【脚本・作詞・演出】
玉麻尚一
【作曲・編曲・音楽監督】
柴崎咲子
【振付・演出助手】
藤澤知佳
【衣裳】
鈴木健司
【照明】
中村恵美子
【音響】
小谷 武/秋南真央
【舞台監督】
西 利里子
【歌唱指導・音楽監督助手】
菊池 仁
【宣伝美術】
五大輝一
【衣裳協力】
山内光幸
【舞台写真】
川田真由美
【制作】
竹本敏彰
【プロデューサー】
ハマナカトオル
【エグゼクティブ・プロデューサー】
ミュージカル座
【企画・製作・主催】
公演情報
公演期間

2018年12月19日(水) ~ 12月24日(月)

公演会場
中目黒キンケロ・シアター
〠 153-0042
東京都目黒区青葉台1-15-11

☞ 「中目黒」駅下車「正面改札」出て左へ徒歩8分〔東急東横・地下鉄日比谷線〕

公演会場 Webサイト

公演スケジュール
上演時間=1時間50分(途中休憩なし)
 ヒルヨル
12/19(水)  18:30
12/20(木)  18:30
12/21(金) 14:00 18:30 
12/22(土) 13:00  17:30
12/23(日) 13:00  17:30
12/24(祝) 12:00 16:00
チケット料金 (全席指定/税込)
チケット取扱い
ミュージカル座
☎048-825-7460
スタッフ プロフィール紹介
竹本敏彰(脚本・作詞・演出)

ミュージカル作家・演出家・プロデューサー。 舞台芸術学院でミュージカルを学び、その後ミュージカル座の中心俳優として多くの作品に立ちながら、ミュージカル作家、演出家としても活躍し、「ロイヤルホストクラブ」「トラブルショー」「マリオネット」「タイム・フライズ」「ブレイン・ストーム」「ニッキー」「ジュニア」を発表。ユーモアをふんだんに織り交ぜながら、ストーリーの核心へと展開させていく作風と筆力は、新聞等の劇評でも絶賛され高い評価を受け、多数の作品が日本芸術文化振興会の助成対象事業に採択されている。また、ディズニー・アニメ「くまのプーさん」プーの吹替えを2003年から担当し、声優としても活躍。日テレ学院、日本工学院八王子専門学校で俳優・声優・ミュージカル講師として、若手の育成にも力を注ぐ。
一般社団法人日本劇作家協会会員。    

玉麻尚一(作曲・編曲・音楽監督)

作曲家。音楽監督 。これまでに150作品を越えるオリジナル・ ミュージカルの作曲を手掛けている。く2017年度作品>「52デイズ」(坊ちゃん劇場公演)、償罪周色の刻」(宝塚歌劇団月組)、「春の踊り」(OSK)、「降るアメリカに袖は濡らさじ」(明治座公演・大地真央主演)、「阿豆流為」(宝塚歌劇団星組)、「ベルリン、わが愛」(宝塚歌劇団星組)、「ヘッズ アップ」(ラサール石井演出・哀川翔主演)、「ドッグファイト」(山田和也演出・屋良朝幸主演)、「PUKULJ (日本育年館公演・謝珠栄演出)、またスポレク・植樹祭•高校総体の開会式の音楽監督を務める。「リンカーン」(宝塚歌劇団花組)の作曲で読売新聞大賞•スタッフ賞を受賞。

柴崎咲子(振付)
幼少より様々なジャンルのダンスを学び、ミュージカルをメインに出演。現在は振付やダンス講師としても活動している。
関東国際高等学校演劇科卒業。東宝ミュージカルアカデミー3期生。千葉県選抜ジュニア舞踊公演奨励賞受賞。
西岡徳馬氏主催ドラマスクールレッドホースヒルズ ダンス講師。エンジョイカルチャークラブMOECCダンス講師。
公演のお問い合わせ

ミュージカル座

〠 330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル

TEL:048-825-7460
FAX:048-825-7461

E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

PAGE TOP