アワード|ミュージカル座は新しい国産ミュージカルの創造と普及を目的に、1995年に創立した劇団です。今を生きる人とミュージカルの感動を分かち合うために歩みを続けています。オリジナル・ミュージカルなら!

ホーム > ステージ > 

ミュージカル座 10月~11月公演 『アワード』

ミュージカル座 10月~11月公演 『アワード』 アワード
 

ミュージカル座2018年10月~11月公演

 

 

 

 
5年後のブロードウェイ。トニー賞の授賞式で、出揃った複数の新作ミュージカルのカンパニーが、トニー賞最優秀作品賞、主演男優賞、女優賞、作曲賞、脚本賞、演出賞などの賞(アワード)を競い合って奮闘努力する姿を、ブロードウェイ100年の実話をもとに、笑いと涙とたっぷりの音楽で描いた新作ミュージカル! 成功するのは、どのミュージカル!!??

精力的にミュージカルの創作を続けるミュージカル作家ハマナカトオルと、ハマナカと組んで「チェアーズ」「スター誕生」「ハートスートラ」と3つのミュージカルを作曲した注目の若手音楽家、久田菜美が今年創作する新作ミュージカルです。おかしくて感動的な物語、歌とダンスもたっぷりと、作曲家久田菜美率いるバンド生演奏で贈る、華やかでとびきり楽しいミュージカルです!どうぞお楽しみに!!

 

 

今から5年後のブロードウェイのお話。今日はミュージカルの祭典、トニー賞の授賞式です。作品賞にノミネートされた複数の新作ミュージカルは、どれも斬新な話題作。どの作品が最優秀作品賞に輝くのか、誰もが注目しています。その他にも、世界的映画スターのブロードウェイ・デビュー作や、往年の大女優の復帰など、話題は尽きません。製作には莫大な予算がかかるミュージカル。どのカンパニーも新作を成功させて、ロングランに繋げなければなりません。そのためにはトニー賞の授賞が不可欠です。カンパニーの命運がかかる授賞式。司会をつとめるのは、今年のトニー賞最優秀男優賞にもノミネートされている人気喜劇俳優です。彼の軽妙な司会で、いよいよトニー賞が始まりました。もちろん、最初は名物の華やかなオープニング・ショーです。そして授賞式が次々と進行するなかで、ドラマは複数の新作ミュージカルの、今日に至るまでの回想に移ります。そこには、驚愕の人間ドラマが・・・・!?

 

後日、詳しいオーディション要項を発表いたします。

 


 

脚本・作詞・演出・振付

作曲・編曲・音楽監督・演奏

ハマナカトオル

久田菜美

 

     スタッフ

脚本・作詞・演出・振付/ハマナカトオル
作曲・編曲・音楽監督・演奏/久田菜美
美術/松野 潤
衣裳/久保田俊一(東宝舞台衣裳部)
照明/小川 修
音響/返町吉保
映像/ツノダイチロウ
小道具/福田奈実
舞台監督/小谷 武
振付・演出助手/梅沢明恵
音楽監督助手/西 利里子
衣裳助手/藤澤知佳
ヘアーアレンジ/五大輝一
宣伝美術/シマクラヨウ
制作/村上恵子
プロデューサー/竹本敏彰
エグゼクティブ・プロデューサー/ハマナカトオル
企画・製作・主催/ミュージカル座

 


 

公演日程

2018年10月31日(水)~11月4日(日)

公演会場

シアター1010(THEATRE1010)
http://www.t1010.jp
北千住西口 マルイ11F  〒120-0034 東京都足立区千住3-92
TEL:03-5244-1010

公演スケジュール       

2018年

10/31

11/1

11/2

11/3

11/4

曜日

水曜

木曜

金曜

土曜祝日

日曜

ヒル

 

 

 

12:30

14:00

ヨル

18:30

18:30

18:30

17:30

 

※公演は 組& 組の一部ダブルキャストで行います。キャスト決定時に、組分けを発表致します。

 

チケット料金(全席指定/税込)
     SS席/9,500円
     S席/8,000円
     A席/5,500円
     B席/4,000円

※B席は、ミュージカル座とシアター1010のみでのお取り扱いとなります。

 

チケット一般前売り開始
     2018年8月中旬予定(※決定次第発表いたします)

 

 

公演のお問い合わせ

〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル
TEL:048-825-7460     FAX:048-825-7461
E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

 


 

 

                                                            脚本・作詞・演出・振付/ハマナカトオル

 

   トニー賞の授賞式は、もう何十年も、毎年見続けています。ウィットに富んだスピーチ、華麗なショー、そして感激の授賞。なにより私が一番感動するのは、出席者たちが皆、演劇やミュージカルという仕事を誇りに思っていることで、アメリカと日本の事情の差を羨ましく思いながら、毎年見つめて来ました。授賞式を録画したビデオやDVD(最近はブルーレイ・ディスク)も、私の棚には何十年分もたまりました。「コーラスライン」はオ―ディションを全体の枠組みにして、誰がオーディションに合格するかということをゴールに置いたミュージカルですが、この「アワード」は「授賞式」を全体の枠組みにして、誰がどの賞を獲るかということをゴールに置き、そこから見えてくる人間模様をミュージカルにしたいと思っています。授賞式(アワード)から、ブロードウェイの舞台人の生きざまを描く作品です。
   今年1月、ミュージカル「スター誕生」の稽古場で、作曲の久田菜美さんにこの新作ミュージカルのアイデアを、殴り書きの紙切れ1枚で渡しました。「スター誕生」のブロードウェイ版を創りませんか?と言うと、久田さんは「それは分かりやすいですね」と理解したようでした。「スター誕生」は70年代の日本の歌謡曲をモチーフにした音楽づくりでしたが、今度はブロードウェイ・ミュージカルをモチーフにした音楽です。王道ですから、ミュージカル作曲家として腕が鳴るところでしょう。華やかなダンスシーンも、たくさん作りたいと思っています。
   「スター誕生」と同様、登場人物と劇中登場する作品や曲はすべてフィクションですが(5年後のトニー賞という設定)、ブロードウェイ・ミュージカルの歴史を徹底的に調べて、実際に起こった出来事をモデルに、リアルな脚本を書きたいと思っています。私のブロードウェイ・ミュージカルへの愛と尊敬を、すべて注ぎ込んだ作品にしたいと思っています。全力で製作いたします。どうぞご期待ください!

 


 

作家プロフィール紹介

ハマナカトオル(脚本・作詞・演出・振付)

1958年東京生まれ。ミュージカル作家・演出家・プロデューサー。俳優宝田明氏が主催する宝田芸術学園でミュージカルを学び、舞台俳優の活動を経て脚本・演出家として独立。数々の作品を発表した。1993年から専門学校舞台芸術学院ミュージカル部別科の主任講師として、19回の卒業公演を作・演出。多くの生徒を育てた。1995年、国産の新作ミュージカルの創造と普及を目的に「ミュージカル座」を創立。劇団代表・座付作家・演出家・プロデューサーとして、「ひめゆり」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「ゴースト」「ロザリー」「ルルドの奇跡」「サイト」「アインシュタイン・フォーリーズ」「センス・オブ・ワンダー」「ブロードウェイ殺人事件」「ニューヨーカーズ」「スウィングボーイズ」「舞台に立ちたい」「コンチェルト」「雪の女王」「不思議なラヴ・ストーリー」「赤ひげ」「わだつみのこえ」「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」「チェアーズ」「スター誕生」「おでかけ姫」「月に歌えば」「ハートスートラ」「結婚行進曲」「タイムトラベラー」等のオリジナル・ミュージカルや、「ママの恋人」「野の花」等のストレートプレイを発表。最近では、新しいミュージカル作家・作曲家・演出家の創作による新作ミュージカルから、日本のミュージカルの巨匠である横山由和作品まで多くのオリジナル・ミュージカルをプロデュース。日本のミュージカルの普及と発展のために力を尽くしている。公益社団法人日本演劇協会会員。

 

久田菜美(作曲・編曲・音楽監督)

東京都出身。東京音楽大学作曲・指揮専攻(芸術音楽コース)卒業。大学でクラシックから現代音楽までの作曲法を学び、卒業後は主にピアニストとしてクラシック、ポップス、ジャズ、合唱と幅広く活躍中。舞台においては、ミュージカル「スペリング・ビー」や「モンスターズアンセム」にてキーボードで参加し、その他多数のミュージカル俳優やミュージカル女優のライヴにて伴奏を行っている。ミュージカル座では、「野の花」「不思議なラヴ・ストーリー」「アイランド~かつてこの島で」「BEFORE AFTER」「スペリング・ビー」の音楽監督と演奏を担当。2015年6月には、ハマナカトオルと組んだミュージカル「チェアーズ」で作曲・編曲・音楽監督・演奏をつとめ、ミュージカル作曲家としてデビュー。同年9月には、ハマナカとのコンビ第2作目となるミュージカル「スター誕生」を、2017年4月には3作目となるミュージカル「ハートスートラ」を発表。高い評価を受けている。

 


 

 
はじめに
アワード
アワード=授賞式

この新作ミュージカルは、成功か!? 失敗か!?

5年後のブロードウェイ。トニー賞の授賞式で、出揃った複数の新作ミュージカルのカンパニーが、トニー賞最優秀作品賞、主演男優賞、女優賞、作曲賞、脚本賞、演出賞などの賞(アワード)を競い合って奮闘努力する姿を、ブロードウェイ100年の実話をもとに、笑いと涙とたっぷりの音楽で描いた新作ミュージカル! 成功するのは、どのミュージカル!!??

精力的にミュージカルの創作を続けるミュージカル作家ハマナカトオルと、ハマナカと組んで「チェアーズ」「スター誕生」「ハートスートラ」と3つのミュージカルを作曲した注目の若手音楽家、久田菜美が今年創作する新作ミュージカルです。おかしくて感動的な物語、歌とダンスもたっぷりと、作曲家久田菜美率いるバンド生演奏で贈る、華やかでとびきり楽しいミュージカルです!どうぞお楽しみに!!

 

7月、キャスト・オーディション開催!!
後日、詳しいオーディション要項を発表いたします。

ストーリー

今から5年後のブロードウェイのお話。今日はミュージカルの祭典、トニー賞の授賞式です。作品賞にノミネートされた複数の新作ミュージカルは、どれも斬新な話題作。どの作品が最優秀作品賞に輝くのか、誰もが注目しています。その他にも、世界的映画スターのブロードウェイ・デビュー作や、往年の大女優の復帰など、話題は尽きません。製作には莫大な予算がかかるミュージカル。どのカンパニーも新作を成功させて、ロングランに繋げなければなりません。そのためにはトニー賞の授賞が不可欠です。カンパニーの命運がかかる授賞式。司会をつとめるのは、今年のトニー賞最優秀男優賞にもノミネートされている人気喜劇俳優です。彼の軽妙な司会で、いよいよトニー賞が始まりました。もちろん、最初は名物の華やかなオープニング・ショーです。そして授賞式が次々と進行するなかで、ドラマは複数の新作ミュージカルの、今日に至るまでの回想に移ります。そこには、驚愕の人間ドラマが・・・・!?

スタッフ
ハマナカトオル
【脚本・作詞・演出・振付】
久田菜美
【作曲・編曲・音楽監督・演奏】
松野 潤
【美術】
久保田俊一(東宝舞台衣裳部)
【衣裳】
小川 修
【照明】
返町吉保
【音響】
ツノダイチロウ
【映像】
福田奈実
【小道具】
小谷 武
【舞台監督】
梅沢明恵
【振付・演出助手】
西 利里子
【音楽監督助手】
藤澤知佳
【衣裳助手】
五大輝一
【ヘアーアレンジ】
シマクラヨウ
【宣伝美術】
村上恵子
【制作】
竹本敏彰
【プロデューサー】
ハマナカトオル
【エグゼクティブ・プロデューサー】
ミュージカル座
【企画・製作・主催】
公演情報
公演期間

2018年10月31日(水) ~ 11月04日(日)

公演会場
シアター1010
〠 120-0034
東京都足立区千住3-92

☞ 北千住西口 マルイ11F

☎ 03-5244-1010

公演会場 Webサイト

公演スケジュール
 ヒルヨル
10/31(水) 
11/1(木) 
11/2(金) 
11/3(土)
11/4(日) 
  • 公演は、組・組の一部ダブルキャストで行います。キャスト決定時に、組分けを発表致します。

チケット料金 (全席指定/税込)
  • SS席 9,500円
  • S席 8,000円
  • A席 5,500円
  • B席 4,000円
チケット取扱い
ミュージカル座
☎048-825-7460
  • ※2018年8月中旬予定(決定次第発表いたします)
スタッフ プロフィール紹介
ハマナカトオル(脚本・作詞・演出・振付)

1958年東京生まれ。ミュージカル作家・演出家・プロデューサー。俳優宝田明氏が主催する宝田芸術学園でミュージカルを学び、舞台俳優の活動を経て脚本・演出家として独立。数々の作品を発表した。1993年から専門学校舞台芸術学院ミュージカル部別科の主任講師として、19回の卒業公演を作・演出。多くの生徒を育てた。1995年、国産の新作ミュージカルの創造と普及を目的に「ミュージカル座」を創立。劇団代表・座付作家・演出家・プロデューサーとして、「ひめゆり」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「ゴースト」「ロザリー」「ルルドの奇跡」「サイト」「アインシュタイン・フォーリーズ」「センス・オブ・ワンダー」「ブロードウェイ殺人事件」「ニューヨーカーズ」「スウィングボーイズ」「舞台に立ちたい」「コンチェルト」「雪の女王」「不思議なラヴ・ストーリー」「赤ひげ」「わだつみのこえ」「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」「チェアーズ」「スター誕生」「おでかけ姫」「月に歌えば」「ハートスートラ」「結婚行進曲」「タイムトラベラー」等のオリジナル・ミュージカルや、「ママの恋人」「野の花」等のストレートプレイを発表。最近では、新しいミュージカル作家・作曲家・演出家の創作による新作ミュージカルから、日本のミュージカルの巨匠である横山由和作品まで多くのオリジナル・ミュージカルをプロデュース。日本のミュージカルの普及と発展のために力を尽くしている。公益社団法人日本演劇協会会員。

久田菜美(作曲・編曲・音楽監督)

東京都出身。東京音楽大学作曲・指揮専攻(芸術音楽コース)卒業。大学でクラシックから現代音楽までの作曲法を学び、卒業後は主にピアニストとしてクラシック、ポップス、ジャズ、合唱と幅広く活躍中。舞台においては、ミュージカル「スペリング・ビー」や「モンスターズアンセム」にてキーボードで参加し、その他多数のミュージカル俳優やミュージカル女優のライヴにて伴奏を行っている。ミュージカル座では、「野の花」「不思議なラヴ・ストーリー」「アイランド~かつてこの島で」「BEFORE AFTER」「スペリング・ビー」の音楽監督と演奏を担当。2015年6月には、ハマナカトオルと組んだミュージカル「チェアーズ」で作曲・編曲・音楽監督・演奏をつとめ、ミュージカル作曲家としてデビュー。同年9月には、ハマナカとのコンビ第2作目となるミュージカル「スター誕生」を、2017年4月には3作目となるミュージカル「ハートスートラ」を発表。高い評価を受けている。

コメント

「授賞式(アワード)」から描く舞台人の生きざま

ハマナカトオル 【脚本・作詞・演出・振付】

   トニー賞の授賞式は、もう何十年も、毎年見続けています。ウィットに富んだスピーチ、華麗なショー、そして感激の授賞。なにより私が一番感動するのは、出席者たちが皆、演劇やミュージカルという仕事を誇りに思っていることで、アメリカと日本の事情の差を羨ましく思いながら、毎年見つめて来ました。授賞式を録画したビデオやDVD(最近はブルーレイ・ディスク)も、私の棚には何十年分もたまりました。「コーラスライン」はオ―ディションを全体の枠組みにして、誰がオーディションに合格するかということをゴールに置いたミュージカルですが、この「アワード」は「授賞式」を全体の枠組みにして、誰がどの賞を獲るかということをゴールに置き、そこから見えてくる人間模様をミュージカルにしたいと思っています。授賞式(アワード)から、ブロードウェイの舞台人の生きざまを描く作品です。

   今年1月、ミュージカル「スター誕生」の稽古場で、作曲の久田菜美さんにこの新作ミュージカルのアイデアを、殴り書きの紙切れ1枚で渡しました。「スター誕生」のブロードウェイ版を創りませんか?と言うと、久田さんは「それは分かりやすいですね」と理解したようでした。「スター誕生」は70年代の日本の歌謡曲をモチーフにした音楽づくりでしたが、今度はブロードウェイ・ミュージカルをモチーフにした音楽です。王道ですから、ミュージカル作曲家として腕が鳴るところでしょう。華やかなダンスシーンも、たくさん作りたいと思っています。

   「スター誕生」と同様、登場人物と劇中登場する作品や曲はすべてフィクションですが(5年後のトニー賞という設定)、ブロードウェイ・ミュージカルの歴史を徹底的に調べて、実際に起こった出来事をモデルに、リアルな脚本を書きたいと思っています。私のブロードウェイ・ミュージカルへの愛と尊敬を、すべて注ぎ込んだ作品にしたいと思っています。全力で製作いたします。どうぞご期待ください!

公演のお問い合わせ

ミュージカル座

〠 330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル

TEL:048-825-7460
FAX:048-825-7461

E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

PAGE TOP