おでかけ姫(2019)|ミュージカル座は新しい国産ミュージカルの創造と普及を目的に、1995年に創立した劇団です。今を生きる人とミュージカルの感動を分かち合うために歩みを続けています。オリジナル・ミュージカルなら!

ホーム > ステージ > 

ミュージカル座9月公演 『おでかけ姫』

ミュージカル座9月公演 『おでかけ姫』 Twitter おでかけ姫
 

ミュージカル座9月公演

 

 

脚本・作詞・演出・振付/ハマナカトオル        作曲・編曲・音楽監督/tak

タップダンス振付/藤井真梨子

 

ミュージカル「何処へ行く」のハマナカトオルとtakコンビが書いた、
可愛いプリンセス・ストーリー!!

ミュージカル作家コンビとして、ミュージカル「何処へ行く」、ミュージカル「マザー・テレサ 愛のうた」を発表したハマナカトオルとtakコンビが創作した、可愛いプリンセス・ストーリー! 夢の世界の王国を舞台に、お姫様が大活躍する波瀾万丈のアドベンチャー! そしてラヴ・ロマンス! おでかけ姫=水野貴以のプリンセスで贈る、最高に楽しいオリジナル・ミュージカルです! どうぞお楽しみに!!

 

STORY

大企業の御曹司との結婚を週刊誌にすっぱ抜かれたテレビ局の人気女子アナ、丸岡久理子(水野貴以)は、夢の中でお姫様=マル王女になって、ひそかにお城を抜け出し、結婚相手の王子様に会いに出かけて行くのでしたが・・・。現実と夢の世界で繰り広げられる、おかしくて素敵な恋の物語!!

 

 

チラシ表

拡大

チラシ裏

拡大

 

 

2019年9月25日(水)~9月29日(日)

 

六行会ホール      JR品川駅から京浜急行で2駅「新馬場」駅下車徒歩2分

〒140-0001 東京都品川区北品川2-32-3 TEL.03-3471-3200   https://www.rikkoukai.com/

 


公演スケジュール      上演時間:2時間10分(休憩なし)

2019年

9/25

9/26

9/27

9/28

9/29

曜日

水曜日

木曜日

金曜日

土曜日

日曜日

ヒル

 

 

 13:00

 13:00

 12:00

ヨル

 18:30

 18:30

 18:30

 17:30

 16:00

※開場は開演の30分前です。※公演は 組・ 組の一部ダブルキャストで上演いたします。キャストの組分けをご確認ください。※残席ある場合は、公演開演の1時間前(9/29は両組開演の45分前)より当日券を販売いたします。ご観劇当日のご予約は承っておりません。当日券をご利用ください。※出演者並びに出演スケジュールに変更がありました場合は、何卒悪しからずご了承ください。出演者変更の場合でも、他日への変更、払い戻しはいたしかねます。※3歳以下のお子様のご入場はできません。※車椅子でご来場頂く場合は、ミュージカル座へご連絡をお願いいたします。

 

チケット料金
   (全席指定/税込)

SS席・・・・・・7,000円
S席・・・・・・6,000円
 

 
   

一般前売り開始

2019年7月30日(火) 午前10時より
 

チケットお取り扱い

・ミュージカル座
       048-825-7460
       オンラインチケット

・チケットぴあ(Pコード:496-096)
       0570-02-9999
       https://t.pia.jp/
 


 

スタッフ

脚本・作詞・演出・振付/ハマナカトオル     作曲・編曲・音楽監督/tak
タップダンス振付/藤井真梨子     美術/松野 潤     衣裳/五大輝一 藤澤知佳
照明/小川 修     音響/橋本達也     映像/ツノダイチロウ     舞台監督/西川也寸志
演出助手/梅沢明恵 福田奈実     音楽監督助手/西 利里子     歌唱指導/高橋辰也
小道具/福田奈実     衣裳進行/佐藤恵子     ヘアーアレンジ/五大輝一
宣伝美術/シマクラヨウ     制作/小宮山雅美 奈良坂潤紀     制作助手/古川愛梨
キャスティング/井坂 茜     プロデューサー/竹本敏彰 ハマナカトオル
企画・製作・主催/ミュージカル座

 


 

主演=水野貴以(おでかけ姫)

ハマナカ先生が、私の為に書いて下さったこの素敵な作品。初演時、ハマナカ先生やみんながかけてくれた魔法が解けてしまうようで、千秋楽を迎えるのがとても寂しかった。でも、そんな「おでかけ姫」に再び会える!楽しみでなりません。

この「おでかけ姫」の登場人物もぶち当たっていく、人生の悩みや、辛いこと悲しいこと、ほんのひと時でも忘れに、マル王女と夢の世界へおでかけしましょう!

 

水野貴以(MIZUNO TAKAI)
4歳の頃からクラシックバレエを学び、10歳の頃、ミュージカル「Annie」アニー役でデビュー。高校生で劇団四季聴講生になり、その後、桐朋学園短大演劇学科を卒業。主な舞台出演作品は、ミュージカル「マルグリット」「サンセット大通り」「パレード」「ナイツテイル~騎士物語~」「I love you,you're perfect,now change」「LITTLE WOMEN~若草物語」ベス役、「ひめゆり」ふみ役、ゆき役、「不思議なラヴ・ストーリー」ヒロイン、「野の花」主演、「結婚行進曲」ヒロイン、「カラフル」唱子役、「YOSHIKO~悔いなき命を」主演、「奇跡の人」パーシー役。映像では、山田洋次監督映画「たそがれ清兵衛」種役、「隠し剣鬼の爪」かね役、「母べえ」洋服の娘役、NHKドラマ「坂の上の雲」都役。声優としては、英語「Annie」グレース役、ディズニー映画「美女と野獣」シリーガールズ役、ディズニーアニメ「アバローのプリンセス エレナ」オリザバ役、「小さなプリンセス ソフィア」プリズマ役、「ラプンツェル ザ・シリーズ」テーマソング等、様々な分野で活動している。

 

伊東えり(魔女)

伊東えり(ITO ERI)
劇団四季35周年即戦力オーディション合格をきっかけに、ミュージカル「夢から醒めた夢」マコ役(初演)や、東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」キム役(初演)など、数多くのミュージカルにヒロインや、主要キャストとして出演。ミュージカル「ルルドの奇跡」主演で2001年東京芸術劇場ミュージカル月間優秀賞を受賞。ミュージカル座には、最多ゲスト出演している。またW.Disney映画「美女と野獣」ベル役、「ムーラン」ムーラン役(歌)、「メリー・ポピンズ」メリー・ポピンズ役(歌)他吹き替え作品も多数。アニメソング、CMソング、ゲームソフト、映画、TV番組挿入歌等、録音曲は1000曲を数える。 また、ボーカルトレーナーとしてもプロから一般まで幅広い年齢層を指導、「ラテンリズムに乗せ身体を整えながら声を出す」これまでにない発声メソッド[ハートビートシンギング]を発案。現在全国各地でワークショップを行う。DVD発売中。CD「めざせ!ミュージカル☆キッズ」(キングレコード)の監修、指導。ボーイソプラノユニット【ソプラノ♪7 ボーイズ】プロデュースなど 活動は多岐にわたる。すずかけ児童合唱団、Jolly Jokers & Jolly Jewels、HBS発声プロクラス主宰。ELINBA株式会社代表。

 


 

 


 

登 場 人 物

◆この作品は、現実世界と夢の世界で、二役を演じます。

 


 

 

 
 

現実:丸岡久理子(テレビ局女子アナ)

夢:マル王女(おでかけ姫)

水野貴以

MIZUNO TAKAI

 

 
 

現実:木村一人(週刊誌記者)

夢:ピート(泥棒)

中井智彦

NAKAI TOMOHIKO

 

 
 

現実:巻上 猛(大企業御曹司)

夢:フェラーリ王子(隣国の王子)

丹宗立峰(

TANSOU TATSUMINE

 

 
 

現実:巻上 猛(大企業御曹司)

夢:フェラーリ王子(隣国の王子)

水越友紀(

MIZUKOSHI TOMONORI

 

 
 

現実:加藤理恵(テレビ局女子アナ)

夢:カトリーヌ嬢(内親王)

田宮華苗

TAMIYA KANAE

 

 
 

現実:清水牧夫(ワイドショーキャスター)

夢:マクシミリアン(右大臣)

菊地まさはる

KIKUCHI MASAHARU

 

 
 

現実:丸岡丈治(久理子の父)

夢:ジョージ一世(国王)

今井清隆

IMAI KIYOTAKA

 

 
 

現実:丸岡安奈(久理子の母)

夢:アンナ王妃(王妃)

渚あき

NAGISA AKI

 

 
 

現実:荒木なぎさ(テレビ局女子アナウンス室長)

夢:アナギサキラ(魔女)

伊東えり

ITO ERI

 

 


 

■キャスト

組】

組】

丸岡久理子(テレビ局女子アナ)/マル王女(おでかけ姫)

水野貴以

水野貴以

     

木村一人(週刊誌記者)/ピート(泥棒)

中井智彦

中井智彦

巻上 猛(大企業御曹司)/フェラーリ王子(隣国の王子)

丹宗立峰

水越友紀

加藤理恵(テレビ局女子アナ)/カトリーヌ嬢(内親王)

田宮華苗

田宮華苗

     

丸岡丈治(久理子の父)/ジョージ一世(国王)

今井清隆

今井清隆

丸岡安奈(久理子の母)/アンナ王妃(王妃)

渚あき

渚あき

     

清水牧夫(ワイドショーキャスター)/マクシミリアン(右大臣)

菊地まさはる

菊地まさはる

真木俊男(大学教授)/マッキントッシュ(左大臣)

松村曜生

杉山慶輔

祖父江由美(心理学者)/ソフィア(女官長)

佐々木瞳

佐々木由布

尾木ルミ(評論家)/オギー(教育係)

片岡直美

上願由佳

小栗理沙(気象予報士)/グリザリオ(猫)

秋田知里

林 幸那

竹田千代子(週刊誌カメラマン)/竹千代(犬)

般若愛実

敷村珠夕

江戸P(プロデューサー)/エドワード三世(隣国の国王)

高橋辰也

高橋辰也

     

小林景子(テレビ局女子アナ)/ケイト(町の女)

大久保胡桃

神野紗瑛子

田中亜里砂(テレビ局女子アナ)/アリス(町の女)

吉田ひより

桐宮玲香

江崎AP(アシスタント・プロデューサー)/エリザベス王妃

後藤真采呂

小宮山雅美

森田さん(テレビ局カメラマン1)/ピント(泥棒仲間)

大久保祝臣

天明麟太郎

鎌ちゃん(テレビ局カメラマン2)/ズーム(泥棒仲間)

海老原悠希

小城祐介

AD吉田(アシスタント・ディレクター)/エディ(泥棒仲間)

小笠原桜子

綿谷美優

キューちゃん(音声スタッフ)/マイク(泥棒仲間・少年)

田澤 楓

大越弥生

     

ひろみお姉さん(テレビの歌のお姉さん)/ロミー(町の女)

安井久乃

森本芽衣

     

荒木なぎさ(女子アナウンス室長)/アナギサキラ(魔女)

伊東えり

伊東えり

     

良太くん(小学生)/リョート(孤児)

森田月渚

佐々木仁那

翔平くん(小学生)/ショーン(孤児)

中山夢叶

志優

かなえちゃん(小学生)/カナリー(孤児)

古田ひかり

坂本結徠

美咲ちゃん(小学生)/ミーシャ(孤児)

柴田星花

富井歌音

真理ちゃん(小学生)/マリー(孤児)

渡邉ひよこ

谷岡芽育

江波ちゃん(小学生)/イブ(孤児)

大村響叶

稲田ゆりか

 


 

「プリンセス・ストーリー、作りました。」          ハマナカトオル

 

ミュージカル「何処へ行く」などの作曲家、takさんが得意とするハリウッドの映画音楽のようなオケで、一本、ファンタジックなプリンセス・ストーリーを創ってみたかったのです。takさんとの創作では、何をやるにしても、作品全体を徹底したコンセプトで貫きたいと思っていまして、たとえば「何処へ行く」なら、徹底して壮大に!!この新作「おでかけ姫」は、徹底して可愛く!!私も楽しみながら、創りたいと思います。

さて!再演の今回は、主演の水野貴以さんに加え、伊東えりさんに今井清隆さんと、私の大好きなミュージカル俳優が大集合!魅力に溢れたカンパニーを組むことが出来ました。台本と曲もブラッシュアップ。演出もあれこれ手を入れて、さらに充実した舞台になるよう、全力で挑みます。ミュージカル「おでかけ姫」どうぞお楽しみに!

 


 

「ポップで楽しい作品を」               tak

 

自分の音楽のルーツは、ロサンジェルスで学んだ映画音楽などのドラマティックなものだと思っております。自分が好きな音楽と、ミュージカルというものを掛け合わせて、どのようなエンターテインメントを創造出来るか、というのが、自分の追い求めているテーマです。ミュージカル座での第3作品目となる「おでかけ姫」では、「何処へ行く」より、もっとポップで楽しめるものを創りたいと思っております。

 

 


関連動画


 

 
 水野貴以
「いつか私にも~夢の中でキスした人」

 
 水野貴以「約束」

 
 丹宗立峰&水野貴以
「結婚しようよ~愛の奇跡」

 
 田宮華苗「ラヴ・レター」

 


作家プロフィール


 

ハマナカトオル(脚本・作詞・演出・振付)

1958年東京生まれ。ミュージカル作家・演出家・プロデューサー。俳優、宝田明氏が主催する宝田芸術学園でミュージカルを学び、舞台俳優の活動を経て脚本・演出家として独立。数々の作品を発表した。1993年から専門学校舞台芸術学院ミュージカル部別科の主任講師として、19回の卒業公演を作・演出。多くの生徒を育てた。1995年、国産の新作ミュージカルの創造と普及を目的に「ミュージカル座」を創立。劇団代表・座付作家・演出家・プロデューサーとして、「ひめゆり」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「ゴースト」「ロザリー」「ルルドの奇跡」「サイト」「アインシュタイン・フォーリーズ」「センス・オブ・ワンダー」「ブロードウェイ殺人事件」「ニューヨーカーズ」「スウィング・ボーイズ」「舞台に立ちたい」「三人の花嫁」「コンチェルト」「雪の女王」「不思議なラヴ・ストーリー」「赤ひげ」「わだつみのこえ」「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」「チェアーズ」「スター誕生」「おでかけ姫」「月に歌えば」「ハートスートラ」「結婚行進曲」「タイムトラベラー」「二人でミュージカル」「アワード」等のオリジナル・ミュージカルや、「ママの恋人」「野の花」等のストレートプレイを発表。劇団外では、松竹「花いくさ」、黒木瞳「ママ・ラヴズ・マンボ」シリーズ、「今井清隆ファースト・コンサート」、「イル・ミュージカーレ」などを手がける。最近では、新しいミュージカル作家・作曲家・演出家のプロデュースに意欲的に取り組み、日本のミュージカル作家の巨匠である横山由和作品のプロデュースから、新しいクリエイターによるオリジナル・ミュージカルのプロデュースまで、年間10数本のミュージカルを製作。日本のミュージカルの成長と普及のために力を尽くしている。公益社団法人日本演劇協会会員。

 

tak(作曲・編曲・音楽監督)

1981年生まれ。奈良県出身。作曲・編曲家。2001 年ヤマハ音楽院・ベース科を卒業。2005年にアメリカ・ロサンジェルスにて音楽勉強をしながらメジャー・アーティストのサポートベーシストとして活動。日本に帰国後、作曲・編曲家として活動を始める。現在、舞台・テレビドラマ・ゲーム・webCM・ダンスショウケース、ファッションショー、バンドライブなど、1つのジャンルにこだわらず様々なエンターテイメントに作曲として関わる。2011年から、様々なジャンルの音楽製作を行うために、音楽製作チーム「SounDive Orch.」を立ち上げ活動中。主な作品として「メイちゃんの執事」(宝塚歌劇 星組)「魔笛」(天野喜孝×IPPEI)「殿といっしょ」(原作:大羽快)「BASARA」(原作:田村由美)「5jive」(D’OAM)「逆境ナイン」(原作:島本和彦)「忍者じゃじゃ丸君」(原作:大羽快)「魔界転生」(原作:山田風太郎)「戦国無双」「金色のコルダ」「NARUTO-ナルト-」「ヘタリア」等。ミュージカル座のハマナカトオルとコンビを組んで、ミュージカル「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」「おでかけ姫」と、3作品のオリジナル・ミュージカルの作曲を手がけ、好評を博している。

 

 


 

公演に関するお問い合わせ

 

〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル
TEL:048-825-7460     FAX:048-825-7461
E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

 

 

   「おでかけ姫」公式Twitter

 

 

 

 
はじめに
おでかけ姫
ミュージカル「何処へ行く」のハマナカトオルとtakコンビが書いた、 可愛いプリンセス・ストーリー!!

ミュージカル作家コンビとして、ミュージカル「何処へ行く」、ミュージカル「マザー・テレサ 愛のうた」を発表したハマナカトオルとtakコンビが創作した、可愛いプリンセス・ストーリー! 夢の世界の王国を舞台に、お姫様が大活躍する波瀾万丈のアドベンチャー! そしてラヴ・ロマンス! おでかけ姫=水野貴以のプリンセスで贈る、最高に楽しいオリジナル・ミュージカルです! どうぞお楽しみに!!

ストーリー

大企業の御曹司との結婚を週刊誌にすっぱ抜かれたテレビ局の人気女子アナ、丸岡久理子(水野貴以)は、夢の中でお姫様=マル王女になって、ひそかにお城を抜け出し、結婚相手の王子様に会いに出かけて行くのでしたが・・・。現実と夢の世界で繰り広げられる、おかしくて素敵な恋の物語!!

スタッフ プロフィール紹介
ハマナカトオル(脚本・作詞・演出・振付)

1958年東京生まれ。ミュージカル作家・演出家・プロデューサー。俳優、宝田明氏が主催する宝田芸術学園でミュージカルを学び、舞台俳優の活動を経て脚本・演出家として独立。数々の作品を発表した。1993年から専門学校舞台芸術学院ミュージカル部別科の主任講師として、19回の卒業公演を作・演出。多くの生徒を育てた。1995年、国産の新作ミュージカルの創造と普及を目的に「ミュージカル座」を創立。劇団代表・座付作家・演出家・プロデューサーとして、「ひめゆり」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「ゴースト」「ロザリー」「ルルドの奇跡」「サイト」「アインシュタイン・フォーリーズ」「センス・オブ・ワンダー」「ブロードウェイ殺人事件」「ニューヨーカーズ」「スウィング・ボーイズ」「舞台に立ちたい」「三人の花嫁」「コンチェルト」「雪の女王」「不思議なラヴ・ストーリー」「赤ひげ」「わだつみのこえ」「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」「チェアーズ」「スター誕生」「おでかけ姫」「月に歌えば」「ハートスートラ」「結婚行進曲」「タイムトラベラー」「二人でミュージカル」「アワード」等のオリジナル・ミュージカルや、「ママの恋人」「野の花」等のストレートプレイを発表。劇団外では、松竹「花いくさ」、黒木瞳「ママ・ラヴズ・マンボ」シリーズ、「今井清隆ファースト・コンサート」、「イル・ミュージカーレ」などを手がける。最近では、新しいミュージカル作家・作曲家・演出家のプロデュースに意欲的に取り組み、日本のミュージカル作家の巨匠である横山由和作品のプロデュースから、新しいクリエイターによるオリジナル・ミュージカルのプロデュースまで、年間10数本のミュージカルを製作。日本のミュージカルの成長と普及のために力を尽くしている。公益社団法人日本演劇協会会員。

tak(作曲・編曲・音楽監督)

1981年生まれ。奈良県出身。作曲・編曲家。2001 年ヤマハ音楽院・ベース科を卒業。2005年にアメリカ・ロサンジェルスにて音楽勉強をしながらメジャー・アーティストのサポートベーシストとして活動。日本に帰国後、作曲・編曲家として活動を始める。現在、舞台・テレビドラマ・ゲーム・webCM・ダンスショウケース、ファッションショー、バンドライブなど、1つのジャンルにこだわらず様々なエンターテイメントに作曲として関わる。2011年から、様々なジャンルの音楽製作を行うために、音楽製作チーム「SounDive Orch.」を立ち上げ活動中。主な作品として「メイちゃんの執事」(宝塚歌劇 星組)「魔笛」(天野喜孝×IPPEI)「殿といっしょ」(原作:大羽快)「BASARA」(原作:田村由美)「5jive」(D’OAM)「逆境ナイン」(原作:島本和彦)「忍者じゃじゃ丸君」(原作:大羽快)「魔界転生」(原作:山田風太郎)「戦国無双」「金色のコルダ」「NARUTO-ナルト-」「ヘタリア」等。ミュージカル座のハマナカトオルとコンビを組んで、ミュージカル「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」「おでかけ姫」と、3作品のオリジナル・ミュージカルの作曲を手がけ、好評を博している。

キャスト プロフィール紹介
水野貴以(おでかけ姫)

4歳の頃からクラシックバレエを学び、10歳の頃、ミュージカル「Annie」アニー役でデビュー。高校生で劇団四季聴講生になり、その後、桐朋学園短大演劇学科を卒業。
主な舞台出演作品は、ミュージカル「マルグリット」「サンセット大通り」「パレード」「ナイツテイル~騎士物語~」「I love you,you’re perfect,now change」「LITTLE WOMEN~若草物語」ベス役、「ひめゆり」ふみ役、ゆき役、「不思議なラヴ・ストーリー」ヒロイン、「野の花」主演、「結婚行進曲」ヒロイン、「カラフル」唱子役、「YOSHIKO~悔いなき命を」主演、「奇跡の人」パーシー役。
映像では、山田洋次監督映画「たそがれ清兵衛」種役、「隠し剣鬼の爪」かね役、「母べえ」洋服の娘役、NHKドラマ「坂の上の雲」都役。 声優としては、英語「Annie」グレース役、ディズニー映画「美女と野獣」シリーガールズ役、ディズニーアニメ「アバローのプリンセス エレナ」オリザバ役、「小さなプリンセス ソフィア」プリズマ役、「ラプンツェル ザ・シリーズ」テーマソング等、様々な分野で活動している。

伊東えり(魔女)

劇団四季35周年即戦力オーディション合格をきっかけに、ミュージカル「夢から醒めた夢」マコ役(初演)や、東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」キム役(初演)など、数多くのミュージカルにヒロインや、主要キャストとして出演。ミュージカル「ルルドの奇跡」主演で2001年東京芸術劇場ミュージカル月間優秀賞を受賞。ミュージカル座には、最多ゲスト出演している。またW.Disney映画「美女と野獣」ベル役、「ムーラン」ムーラン役(歌)、「メリー・ポピンズ」メリー・ポピンズ役(歌)他吹き替え作品も多数。アニメソング、CMソング、ゲームソフト、映画、TV番組挿入歌等、録音曲は1000曲を数える。 また、ボーカルトレーナーとしてもプロから一般まで幅広い年齢層を指導、「ラテンリズムに乗せ身体を整えながら声を出す」これまでにない発声メソッド[ハートビートシンギング]を発案。現在全国各地でワークショップを行う。DVD発売中。CD「めざせ!ミュージカル☆キッズ」(キングレコード)の監修、指導。ボーイソプラノユニット【ソプラノ♪7 ボーイズ】プロデュースなど 活動は多岐にわたる。すずかけ児童合唱団、Jolly Jokers & Jolly Jewels、HBS発声プロクラス主宰。ELINBA株式会社代表。

キャスト
  • 水野貴以
  • 中井智彦
  • 丹宗立峰
  • 水越友紀
  • 田宮華苗
  • 菊地まさはる
  • 今井清隆
  • 渚あき
  • 伊東えり
キャスト・役柄
水野貴以
丸岡久理子(女子アナ)
マル王女(おでかけ姫)
中井智彦
木村一人(週刊誌記者)
ピート(泥棒)
丹宗立峰 ・水越友紀
巻上 猛(大企業御曹司)
フェラーリ王子(隣国の王子)
田宮華苗
加藤理恵(テレビ局女子アナ)
カトリーヌ嬢(内親王)
今井清隆
丸岡丈治(久理子の父)
ジョージ一世(国王)
渚あき
丸岡安奈(久理子の母)
アンナ王妃(王妃)
菊地まさはる
清水牧夫(ワイドショーキャスター)
マクシミリアン(右大臣)
松村曜生 ・杉山慶輔
真木俊男(大学教授)
マッキントッシュ(左大臣)
佐々木瞳 ・佐々木由布
祖父江由美(心理学者)
ソフィア(女官長)
片岡直美 ・上願由佳
尾木ルミ(評論家)
オギー(教育係)
秋田知里 ・林 幸那
小栗理沙(気象予報士)
グリザリオ(猫)
般若愛実 ・敷村珠夕
竹田千代子(週刊誌カメラマン)
竹千代(犬)
高橋辰也
江戸P(プロデューサー)
エドワード三世(隣国の国王)
大久保胡桃 ・神野紗瑛子
小林景子(テレビ局女子アナ)
ケイト(町の女)
吉田ひより ・桐宮玲香
田中亜里砂(テレビ局女子アナ)
アリス(町の女)
後藤真采呂 ・小宮山雅美
江崎AP(アシスタント・プロデューサー)
エリザベス王妃
大久保祝臣 ・天明麟太郎
森田さん(テレビ局カメラマン1)
ピント(泥棒仲間)
海老原悠希 ・小城祐介
鎌ちゃん(テレビ局カメラマン2)
ズーム(泥棒仲間)
小笠原桜子 ・綿谷美優
AD吉田(アシスタント・ディレクター)
エディ(泥棒仲間)
田澤 楓 ・大越弥生
キューちゃん(音声スタッフ)
マイク(泥棒仲間・少年)
安井久乃 ・森本芽衣
ひろみお姉さん(テレビの歌のお姉さん)
ロミー(町の女)
伊東えり
荒木なぎさ(女子アナウンス室長)
アナギサキラ(魔女)
森田月渚 ・佐々木仁那
良太くん(小学生)
リョート(孤児)
中山夢叶 ・志優
翔平くん(小学生)
ショーン(孤児)
古田ひかり ・坂本結徠
かなえちゃん(小学生)
カナリー(孤児)
柴田星花 ・富井歌音
美咲ちゃん(小学生)
ミーシャ(孤児)
渡邉ひよこ ・谷岡芽育
真理ちゃん(小学生)
マリー(孤児)
大村響叶 ・稲田ゆりか
江波ちゃん(小学生)
イブ(孤児)
公演情報
公演期間

2019年09月25日(水) ~ 09月29日(日)

公演会場
六行会ホール
〠 140-0001
東京都品川区北品川2-32-3

☞ JR品川駅から京浜急行で2駅「新馬場」駅下車徒歩2分

☎ 03-3471-3200

公演会場 Webサイト

公演スケジュール
上演時間=2時間10分(休憩なし)
 ヒルヨル
9/25(水) 18:30
9/26(木) 18:30
9/27(金)13:0018:30
9/28(土)13:0017:30
9/29(日)12:0016:00
  • 開場は開演の30分前です。※本公演は、 組・ 組の一部ダブルキャストで上演いたします。キャストの組分けを、ご確認ください。※残席ある場合は、公演開演の1時間前(9/29は両組開演の45分前)より当日券を販売いたします。ご観劇当日のご予約は承っておりません。当日券をご利用ください。※出演者ならびに出演スケジュールに変更がありました場合は、何卒悪しからずご了承ください。出演者変更の場合でも、他日への変更、払い戻しはいたしかねます。※3歳以下のお子様のご入場はできません。※車椅子でご来場頂く場合は、ミュージカル座へご連絡をお願いいたします。

チケット料金 (税込)
  • SS席 7,000円
  • S席 6,000円
スタッフ
ハマナカトオル
【脚本・作詞・演出・振付】
tak
【作曲・編曲・音楽監督】
藤井真梨子
【タップダンス振付】
松野 潤
【美術】
五大輝一 藤澤知佳
【衣裳】
小川 修
【照明】
橋本達也
【音響】
ツノダイチロウ
【映像】
西川也寸志
【舞台監督】
梅沢明恵 福田奈実
【演出助手】
西 利里子
【音楽監督助手】
高橋辰也
【歌唱指導】
福田奈実
【小道具】
佐藤恵子
【衣裳進行】
五大輝一
【ヘアーアレンジ】
シマクラヨウ
【宣伝美術】
小宮山雅美・奈良坂潤紀
【制作】
古川愛梨
【制作助手】
井坂 茜
【キャスティング】
竹本敏彰・ハマナカトオル
【プロデューサー】
ミュージカル座
【企画・製作・主催】
コメント

主演=水野貴以(おでかけ姫)

ハマナカ先生が、私の為に書いて下さったこの素敵な作品。初演時、ハマナカ先生やみんながかけてくれた魔法が解けてしまうようで、千秋楽を迎えるのがとても寂しかった。でも、そんな「おでかけ姫」に再び会える!楽しみでなりません。

この「おでかけ姫」の登場人物もぶち当たっていく、人生の悩みや、辛いこと悲しいこと、ほんのひと時でも忘れに、マル王女と夢の世界へおでかけしましょう!

「プリンセス・ストーリー、作りました。」

ハマナカトオル

ミュージカル「何処へ行く」などの作曲家、takさんが得意とするハリウッドの映画音楽のようなオケで、一本、ファンタジックなプリンセス・ストーリーを創ってみたかったのです。takさんとの創作では、何をやるにしても、作品全体を徹底したコンセプトで貫きたいと思っていまして、たとえば「何処へ行く」なら、徹底して壮大に!!この新作「おでかけ姫」は、徹底して可愛く!!私も楽しみながら、創りたいと思います。

さて!再演の今回は、主演の水野貴以さんに加え、伊東えりさんに今井清隆さんと、私の大好きなミュージカル俳優が大集合!魅力に溢れたカンパニーを組むことが出来ました。台本と曲もブラッシュアップ。演出もあれこれ手を入れて、さらに充実した舞台になるよう、全力で挑みます。ミュージカル「おでかけ姫」どうぞお楽しみに!

「ポップで楽しい作品を」

tak

自分の音楽のルーツは、ロサンジェルスで学んだ映画音楽などのドラマティックなものだと思っております。自分が好きな音楽と、ミュージカルというものを掛け合わせて、どのようなエンターテインメントを創造出来るか、というのが、自分の追い求めているテーマです。ミュージカル座での第3作品目となる「おでかけ姫」では、「何処へ行く」より、もっとポップで楽しめるものを創りたいと思っております。

関連動画

水野貴以
「いつか私にも~夢の中でキスした人」

水野貴以「約束」

丹宗立峰&水野貴以
「結婚しようよ~愛の奇跡」

田宮華苗「ラヴ・レター」

公演のお問い合わせ

ミュージカル座

〠 330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル

TEL:048-825-7460
FAX:048-825-7461

E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

PAGE TOP