おでかけ姫|ミュージカル座は新しい国産ミュージカルの創造と普及を目的に、1995年に創立した劇団です。今を生きる人とミュージカルの感動を分かち合うために歩みを続けています。オリジナル・ミュージカルなら!

ホーム > ステージ > 

ミュージカル座5月公演 『おでかけ姫』

ミュージカル座5月公演 『おでかけ姫』おでかけ姫
はじめに
おでかけ姫
ミュージカル「何処へ行く」、「マザー・テレサ 愛のうた」に続く、ハマナカトオルとtakコンビの2016年最新作!!

ミュージカル作家コンビとして、ミュージカル「何処へ行く」、ミュージカル「マザー・テレサ 愛のうた」を発表したハマナカトオルとtakコンビの第3作目は、なんと可愛いプリンセス・ストーリー! 夢の世界の王国を舞台に、お姫様が大活躍する波瀾万丈のアドベンチャー!! そしてラヴ・ロマンス!? 素敵に、コミカルに、華やかに! そして最高に楽しく美しい音楽に彩られた2016年の新作ミュージカルです!! こんなミュージカルは、今までミュージカル座にはなかった・・・! どうぞお楽しみに!!

ストーリー

ワイドショーのアシスタントを担当するテレビ局女子アナの丸岡久理子(水野貴以)。人気が高く、あだ名は「姫」。彼女は最近、「王子」と呼ばれている大企業の御曹司との恋愛話を週刊誌にすっぱ抜かれて話題になっている。彼女は、自分の私生活を盗もうと追いかけてくる週刊誌の記者を「泥棒」と呼んで腹を立てている。テレビ局のアナウンスルームには、周囲から「魔女」と呼ばれる最古参の女子アナ(50代で未婚)がいて、恋愛中の若い女子アナにきびしい。

そんなある日、ベッドで眠り夢を見た彼女は、夢の中でお城に住むお姫様(マルグリート=マル王女)として目覚める。「姫」は、7日後に隣国の「王子」との結婚が決まったばかりで、国中はお祝いムード一色。だが、どんな人なのかまったく知らない「王子」との結婚が不安になった「姫」は、恋愛中のカップルを魔法で別れさせるという恐ろしい「魔女」に見つからないように、夜中にこっそりお城を抜け出して、隣国の「王子」の住むお城を目指して町を行く。誰も知らないお姫様のおでかけ-。夜の町で彼女に協力したのは、「泥棒」のピートだった。

夢と現実、二つの世界で巻き起こる、おかしくて素敵な恋の物語! 5月、最高にハッピーなミュージカルが開幕します!!

キャスト
  • おでかけ姫

    水野貴以

  • 上野聖太

  • 麻田キョウヤ

  • 中本吉成

  • 丹宗立峰

  • 田宮華苗

  • 吉田萌美

  • 川口竜也

  • 森奈みはる

  • 菊地まさはる

  • 高橋辰也

  • 奈良坂潤紀

  • 佐野眞介

  • 藤澤知佳

  • 紺屋 梓

  • 守屋由貴

  • 三辻香織

  • 内田莉紗

  • 西 利里子

  • 高橋 咲

  • 菅 千鶴

  • 香本真梨奈

  • 滝口恵梨果
  • 伊東えり
キャスト
水野貴以
丸岡久理子(女子アナ)
マル王女(おでかけ姫)
上野聖太・麻田キョウヤ
木村一人(週刊誌記者)
ピート(泥棒)
中本吉成・丹宗立峰
巻上 猛(大企業御曹司)
フェラーリ王子(王子)
田宮華苗・吉田萌美
加藤理恵(女子アナ)
カトリーヌ嬢(内親王)
川口竜也
丸岡丈治(久理子の父)
ジョージ一世(国王)
森奈みはる
丸岡安奈(久理子の母)
アンナ王妃(王妃)
菊地まさはる
清水牧夫(キャスター)
マクシミリアン(右大臣)
奈良坂潤紀・佐野眞介
巻 俊男(大学教授)
マッキントッシュ(左大臣)
藤澤知佳・紺屋 梓
祖父江由美(心理学者)
ソフィア(女官長)
守屋由貴・三辻香織
尾木ルミ(評論家)
オギー(教育係)
内田莉紗・西 利里子
小栗理沙(気象予報士)
グリザリオ(猫)
高橋 咲・菅 千鶴
竹田千代子(週刊誌カメラマン)
竹千代(秋田犬)
高橋辰也
江戸P(プロデューサー)
エドワード三世(国王)
香本真梨奈・滝口恵梨果
ADさん(AD)
エディー(泥棒仲間)
神谷美咲・果音
小林景子(女子アナ)
ケイト(街の女)
亜華里・北村麻貴
田中亜理沙(女子アナ)
アリス(街の女)
大塚駿介・池田 皓
1カメさん(カメラマン)
ボック(泥棒仲間)
小城祐介・久道成光
2カメさん(カメラマン)
ドック(泥棒仲間)
花音美燈・野上裕加
マイクさん(音声)
マイク(泥棒仲間)
亜季緒・東 ゆい
ひろみお姉さん(歌のお姉さん)
ロミー(街の女)
伊東えり
荒木なぎさ(最古参女子アナ)
アナギサキラ(魔女)
黒尾怜央・南津晴大
良太くん(子役)
リョート(孤児)
吉見 悠・岡田カレン
かなえちゃん(子役)
カナリー(孤児)
南雲 凛・石井愛花
美咲ちゃん(子役)
ミーシャ(孤児)
亀山芽依・松本夏鈴
真理ちゃん(子役)
マリー(孤児)
吉岡実優羽・飯塚愛未
江波ちゃん(子役)
イブ(孤児)
※伊東えりは、5月28日(土)は出演できません。代役が演じます。
スタッフ
ハマナカトオル
【脚本・作詞・演出・振付】
tak
【作曲・編曲・音楽監督】
松野 潤
【美術】
太田清香
【衣裳】
小川 修
【照明】
中村恵美子
【音響】
小谷 武
【舞台監督】
梅沢明恵
【演出助手】
守屋由貴
【音楽監督助手】
シマクラヨウ
【宣伝美術】
制作
【三辻香織】
プロデューサー
【竹本敏彰 ハマナカトオル】
企画・製作・主催
【ミュージカル座】
協力
【ジュエリーキッズ プロモーション J's-p】
公演情報
公演期間

2016年05月25日(水) ~ 05月29日(日)

公演会場
六行会ホール
〠 140-0001
東京都品川区北品川2-32-3

☞ JR品川駅から京浜急行で2駅「新馬場」駅下車徒歩2分

☎ 03-3471-3200

公演スケジュール
上演時間=2時間5分(休憩なし)
 ヒルヨル
5/25(水) 18:30
5/26(木) 18:30
5/27(金)13:0018:30
5/28(土)13:0017:30
5/29(日)12:00
SS席完売
S席完売
16:00
SS席完売
チケット料金 (全席指定/税込)
キャスト プロフィール紹介
主演=水野貴以(おでかけ姫)

水野貴以(MIZUNO TAKAI)
4歳から18歳まで、松山バレエ団でクラシックバレエを学ぶ。幼少時代から洋楽を学び、10歳の時、ミュージカル「Annie」アニー役でデビュー。高校生で劇団四季聴講生となり、その後桐朋学園芸術短大演劇専攻科を卒業。「サンセット大通り」「I love you, You’re perfect, now change」などのミュージカルをはじめ、山田洋次監督「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」「母べえ」等の映画やNHKドラマ「坂の上の雲」などに出演。2015年公開の映画「ANNIE/アニー」では、ローズ・バーン演じるグレース役の吹き替えを担当。ミュージカル座では「野の花」リーザ役(主演)、「不思議なラヴ・ストーリー」アイリーン役(ヒロイン)、「ひめゆり」では「小鳥の歌」を歌うゆき役を演じ、歌唱力、演技力ともに秀でた実力を見せている。

伊東えり(魔女)

伊東えり(ITO ERI)
劇団四季ミュージカル「夢から醒めた夢」マコ役や、東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」キム役(初演)など、数多くのミュージカルにヒロインとして出演。ミュージカル座「ルルドの奇跡」ベルナデット役主演で2001年東京芸術劇場ミュージカル月間優秀賞を受賞。他に「ひめゆり」「センス・オブ・ワンダー」「舞台に立ちたい」「マザー・テレサ 愛のうた」など、ミュージカル座への出演は、この「おでかけ姫」で15作品目となる(すべてハマナカトオル作品で、ハマナカ作品の最多ヒロイン女優)。またディズニー映画「美女と野獣」ベル役、「ムーラン」ムーラン役(歌)、「メリー・ポピンズ」メリー・ポピンズ役(歌)他、吹き替え作品も多数。アニメ、CMソングなど録音曲も1000曲近い。その歌声は、“魂を感じる歌”として幅広い層から支持を受けている。また、自ら作詞作曲も手がける。現在、フジテレビ事業部主催「めざましクラシックスコンサート」「小椋佳コンサート」他、全国各地でゲスト出演やソロコンサートも開催。CDソロアルバム「SAY」「LONELY WITH YOU」(小椋佳プロデュース)「ダニーボーイ」をリリースしている。

スタッフ プロフィール紹介
ハマナカトオル(脚本・作詞・演出・振付)

1958年東京生まれ。ミュージカル作家・演出家・プロデューサー。1995年、国産ミュージカルの新作発表を目的にミュージカル座を創立して、数々のオリジナル・ミュージカルを発表。「ひめゆり」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「ルルドの奇跡」「舞台に立ちたい」「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」「チェアーズ」「スター誕生」など、多くの作品を発表している。公益社団法人日本演劇協会会員。

tak(作曲・編曲・音楽監督)

1981年奈良生まれ。作曲・編曲家。2001年ヤマハ音楽院ベース科卒業。2005年、ロサンジェルスにて音楽勉強をしながらメジャーアーティストのサポートベーシストとして活動。日本に帰国後、作曲・編曲家として活動を始める。主な作品は「メイちゃんの執事」(宝塚歌劇 星組)「何処へ行く」「マザー・テレサ 愛のうた」(ミュージカル座)他、テレビドラマ・ゲーム音楽・フッションショーなど、様々なジャンルの音楽を手がける。

コメント

「takさんとの第3作目を創作します。」

ハマナカトオル

takさんとの3作目のミュージカルとなる「おでかけ姫」を創作します。takさんお得意の映画音楽のようなオケで、一本、ファンタジックなプリンセス・ストーリーを創ってみたかったのです。takさんとの創作では、何をやるにしても、作品全体を徹底したコンセプトで貫きたいと思っていまして、たとえば「何処へ行く」なら、徹底して壮大に!!この新作「おでかけ姫」は、徹底して可愛く!!私も楽しみながら、創りたいと思います。

「ポップで楽しい作品を」

tak

自分の音楽のルーツは、ロサンジェルスで学んだ映画音楽などのドラマティ ックなものだと思っております。自分が好きな音楽と、ミュージカルというものを掛け合わせて、どのようなエンターテインメントを創造出来るか、というのが、自分の追い求めているテーマです。ミュージカル座での第3作品目となる「おでかけ姫」では、「何処へ行く」より、もっとポップで楽しめるものを創りたいと思っております。

公演のお問い合わせ

ミュージカル座

〠 330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15 松本ビル

TEL:048-825-7460
FAX:048-825-7461

E-mail:m-za.info@musical-za.co.jp

PAGE TOP