「スター誕生」稽古場便り Vol.03|ミュージカル座は新しい国産ミュージカルの創造と普及を目的に、1995年に創立した劇団です。今を生きる人とミュージカルの感動を分かち合うために歩みを続けています。オリジナル・ミュージカルなら!

ホーム > ステージ > 『スター誕生 』稽古場だより > 

「スター誕生」稽古場便り Vol.03

ミュージカル『 スター誕生 』稽古場だより ミュージカル『 スター誕生 』公演ページ
スター誕生
Category: スター誕生 | 2015.08.18
「スター誕生」稽古場便り Vol.03
k13k14
麻田キョウヤ内田莉紗  麻田キョウヤ

麻田キョウヤさんと小林遼介さんがダブルキャストで演じるのは、この作品の主人公であるぎっちゃん(中井義一)役です。当代一の売れっ子作曲家のアシスタントとして、「スター誕生」で合格した歌手たちのその後のドラマを見ていた彼が、時代の語り手となって、驚くべきエピソードを紹介して行きます。

麻田キョウヤ「ミュージカル「スター誕生!」は、1954年の映画「スタア誕生」とは、関係ありません。1971年から1983年まで放送していた、新人歌手発掘番組「スター誕生!」を題材にした、ハマナカトオル先生の新作ミュージカルです。懐かしく思われる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?古き良き昭和の音楽っていいですよね!ロックバンドをやってたときは、歌謡曲を否定しなきゃと、まるで義務のように思い込んでいましたが、フラットに音楽に接することができるようになって、改めて思います。案外僕より全然若い人からもそんな話を聞くから、単純に僕が歳をとったせいじゃないと思う(笑)そんな懐かしいテイストの楽曲が沢山出てくるので、“あー!これはあの曲のテイストだ!”とか、“あの曲テイストの振り付けだー!”なんて発見があることでしょう。ぜひいろいろと見つけていただきたい!演じる僕らは、それを最先端の音楽として受け止めなきゃならないわけですが、そのこと自体がもうすでに面白い(笑)さて、この作品、スリリングなことに、まだ台本が仕上がっていません。つまり誰も結末を知らない!稽古場でできたての台本を数ページいただいて、ニヤニヤする毎日です。このワクワク感はたまらないですよ!しかし、これが8月も半ばを過ぎてくると、ワクワクなんて言ってられなくなるかもしれませんが(笑)さー僕が演じさせていただく、中井義一(ぎっちゃん)と、ヒロイン小川百合子さんとの恋(?)の行方は???物語は日々流動的!先生早く続きを読ませてください!」

k15k16
小林遼介小林遼介  織野友貴

小林遼介「中井義一(ぎっちゃん)役の小林遼介です。「スター誕生」は新作・ミュージカル・コメディということで、主に70年代に日本で実際にヒットした新人歌手発掘TV番組をベースに、アイドルを目指す若者達や作詞・作曲家、音楽プロデューサーひいては視聴者など、番組をめぐる人々の人間ドラマを、オリジナルの音楽に乗せて披露する作品です。脚本・演出・振付も担当されるハマナカ先生とは、今回初めてご一緒させていただくので当初、大変緊張していたのですが、ユーモア溢れるアイデアの数々やチャーミングなお人柄にすっかり魅了され、稽古場であることを忘れるくらい楽しみながら毎日稽古に参加させていただいています。作曲・編曲される久田菜美さんとは、昨年ミュージカル座に初めて出演させていただいた「ビフォー・アフター」「アイランド」に続き3回目のご一緒なので、スムーズに応用的な話ができることと、また作曲家としても頼もしく感じています。内容に関しては、実はまだ結末が確定していないこともあり(笑)、総括的な見方はできないのですが….。観にいらしていただくお客様には、ぎっちゃんが体験するドラマを一緒に体験していただいて、一緒に笑ったりホロリとしたり、楽しみながら参加していただけたらいいな、と思っています。まさに「事実は小説より奇なり」、実際に「スター誕生」などの番組や、アイドル誕生秘話として存在したというエピソードをおりまぜつつ、音楽も懐かしさを感じさせるものに当時を思い起こさせる振付がついて、知っている人もそうでない人も楽しめる作品になっていると期待しています。ぜひ、この機会にお越しください!」

k17k18
奈良坂潤紀  早山可奈子高松 舞  長谷川ゆうり

奈良坂潤紀「スター誕生。今回は作曲家松沼泰世先生を演じさせて頂きます。この作品はとにかく稽古中のハマナカ先生の雑談を聞くのが最高に楽しいです。「モーレツからビューティフルへ」日本人がライフスタイルを転換していく時代に芸能界を駆け抜けた、それはそれは偉大なスター達と、それを取り巻くモーレツな人達。売れるって?個性って?歌うって?今でもハッとするエピソードが満載で、まさに事実は小説より奇なりですね。そんな時代に生きたモーレツな作曲家を、お客様に「こんな人いたらいいなあ」と愛してもらえるよう、等身大の自分で演じたいです。」

高松 舞「どうもこんにちは。高松舞です。星組でミーちゃんこと鈴木美智子役をやらせていただきます。新人アイドルデュオの片割れの役です。新作ミュージカルなので、日々新しい台本、新しい曲が上がってまいります。そうするとすぐさま立ち稽古、振り入れに突入いたします。それが何だか、ミーちゃんの目まぐるしい生活と重なったり、重ならなかったりしております。ドキドキ。諸先輩方についていけるよう、頑張ります!」

k19k20
左は、香本真梨奈遠藤友歌里

香本真梨奈さんと遠藤友歌里さんがダブルキャストで演じるオリちゃんは、芸能界の人ではありません。テレビを見続けている一般の人です。一般大衆の声を代表した役として、この作品の重要な一面を演じます。実はこの作品、最後もオリちゃんの一言のセリフで終わります。是非、ご注目くださいね。

香本真梨奈「星組オリちゃん役、香本真梨奈です。いよいよ台本も終わりに近付いてきました!毎日のように、新しくあがってくる台本や楽譜。今日あがってきた台本を、今日ステージングする。今あがってきたナンバーを、今音取りする。とっても新鮮です。次はどんな展開になるのだろう?とワクワクしながら毎日を過ごしています。稽古の合間には、ハマナカ先生がイメージを沢山話して下さるので、帰宅時に携帯でyou-tubeを見てみたりして、雰囲気を頭の中で膨らませています。オリちゃんは、かなり自分に近い役だなぁ、と感じているので、イメージもし易いのですが、それがオリちゃんとして表現出来ているのかが課題です!カンパニーの一人としての役目をしっかり果たせるように、一言一言、大事に演じたいと思います!早く全部出来上がらないかなぁ~♪」

遠藤友歌里「月組オリちゃん役を演じます、遠藤友歌里です。顔合わせの日から笑い声の絶えない稽古場で、テレビっ子のオリちゃんは本当にお茶の間からテレビを見ているような感覚で楽しんでいます。ハマナカ先生の作品への出演は4作目になりますが、稽古の中で、今回初めてお話ししたエピソードがありました…しかしお伝えする前から台本の中に既にリアルな自分がいて…何故知っているの?!と驚いたことは一度や二度ではありません。もう隠すことは何もない!と、良い意味で素の自分で、飾らずに居られる稽古場です。私自身根っからのテレビっ子、そして娯楽を対象としたオタクの要素を兼ね備えた人間なので、この世界で生きていこうとしている者としても、愛でている者としても、ミュージカル「スター誕生」は楽しく、そして時に心の奥深くに突き刺さって来ます。私事ですが、今回は西利里子さんと共に歌唱助手も務めさせていただいています。どこか懐かしく、新しいたくさんの素敵なナンバーと共に、小劇場の空間で、お客様も出演者も一緒に楽しい時間を過ごせたら嬉しいです。シアター1010ミニシアターにて、お待ちしております!」

k21k22
中央は、西 利里子中央は、織野友貴

ギターを弾いて社会に対する恨み節を歌うフォークシンガー、とくらはなみ役を演じる西利里子さんと織野友貴さん。流行歌とは対極にある歌の世界を表現するアングラ歌手ですが、こういう歌手も、70年代を象徴する存在でした。

西 利里子「月組とくらはなみ役の西利里子です。最後までステージングが進みました!昭和の血が騒ぎます。我が家は、歌番組を見ていると、両親のダメ出しがテレビに向かって飛ぶ家だったので(笑)あまりたくさん歌番組を見ていた記憶はないのですが、それでも、好きな歌手がいたり、好きな曲があったり・・・お稽古していて、世代は違っても、なんだかとても懐かしい気持ちになります。今回、私がやらせていただく「とくらはなみ」はかなりの個性の持ち主。新たな挑戦です。自分の普通さと戦う日々ですが、初日までにもっともっと深めて行けたらと思います。笑いの絶えないお稽古場。ハマナカ先生の匠と、菜美さんの70年代テイストの曲たち。「スター誕生」どうぞお楽しみに!!」

織野友貴「星組、とくらはなみ役の、織野友貴です。毎日、お稽古場で本当によく笑っています。今までの経験では、お稽古を観ながら笑うということはほとんど無かったので、凄く新鮮です。とくらはなみさんという人には、色んな面で新境地を開くことを要求されているので、苦しい挑戦の日々ですが、先日ついにやっと台本が完結したので、彼女とももうすぐ仲良くなれることでしょう。音楽が素敵で、歌声の素敵な方が沢山いらして、少人数のカンパニーなのに、いつも圧倒されます。私のお気に入りは、男性コーラス隊の皆様です。どんなコーラス隊か、ぜひ劇場で体感して頂けたらと思います。」

k23k24
左は、藤澤知佳 中央は、森 雄基高橋 咲 畠中 洋 井坂 茜

藤澤知佳「☆組・歌の先生:花山千寿役の藤澤知佳です。「スター誕生」…番組はうっすら覚えているような…プラカードの上がる場面はなんとなく覚えているような…といった感じですね(笑)。何故なら世代的にあまりどんかぶりではないのと、「私はマイケル・ジャクソンかデヴィッド・ボウイと結婚する!!」と豪語するおマセな子供だったので、日本のアイドルや歌謡曲にそんなに興味が無かったというのが本音です(笑)。ただ、最近はショーなどでこの時代の歌謡曲を歌わせて頂く機会が多いので、ほぼ歌えますけどね(笑)…稽古場はとにかく楽しくて汗だくです。この個性的なメンバーとご一緒させて頂けて幸せです!出逢いに感謝!

Category: スター誕生 | 2015.08.18

PAGE TOP