「スター誕生」稽古場便り Vol.02|ミュージカル座は新しい国産ミュージカルの創造と普及を目的に、1995年に創立した劇団です。今を生きる人とミュージカルの感動を分かち合うために歩みを続けています。オリジナル・ミュージカルなら!

ホーム > ステージ > 『スター誕生 』稽古場だより > 

「スター誕生」稽古場便り Vol.02

ミュージカル『 スター誕生 』稽古場だより ミュージカル『 スター誕生 』公演ページ
スター誕生
Category: スター誕生 | 2015.08.09
「スター誕生」稽古場便り Vol.02
k07k08
高橋 咲  井坂 茜高松 舞  長谷川ゆうり

ミュージカル「スター誕生」は、1970年代に活躍した歌手たちのエピソードが出て来ます。上の写真は、踊る女性デュオの新曲振付の様子です。モデルは、あの二人かしら?と想像していただくのもこの作品の面白さ。でも、ドラマの中身や登場人物はフィクションですので、現実とは違います。笑いながら見てくださいね。

井坂 茜組ハーちゃんこと田辺春子役の井坂茜です。ミュージカル座は4作品、5度出演させて頂いてますが、ハマナカ先生作品には初めて出演いたします!一度もご一緒していないのに今回お声をかけて頂いて嬉しいのと、いったいぜんたい先生は、わたしにどんなイメージをお持ちなのかしらん?と楽しく探っている日々です(笑)。さてこの『スター誕生』という作品。誰もが主役で誰もが盛り上げ役も担う、最高に愉しくて最高に大変な作品となりそうです(笑)「みんなにちびソロがある」レベルの誰もが主役ではなくて、「みんなにソロナンバーがある」レベルです!もう見せ場だらけです!そんな一瞬も目が離せない目まぐるしさが、移り変わりの激しい芸能界とリンクするかのよう。そこにちょっぴり刹那さもありつつ、基本は滑稽で可笑しいコメディーテイスト☆懐かしい世代の皆さんも、逆に新鮮に感じる世代の皆さんも存分にお楽しみ頂けるかと思います!ぜひ劇場で一緒にタイムスリップしてみましょうー!お待ちしております♪」

長谷川ゆうり「小劇場、オリジナルのコメディ作品、と聞いて飛びつきました。実際始まってみて予想以上に大変そうですが、予想以上に楽しいです。この間まで一秒も踊らない作品に出させて頂いていたので、今回はかなり違う試練との戦いですが、それも含めて楽しいです。今回テーマとなっている昭和の名曲の数々は、今までもショーで歌わせていただく機会があったり、「スター誕生」を知らない私の世代でも意外と流行っていたりして、馴染み深いものを感じます。美空ひばりさん、坂本九さん、ミーちゃんケーちゃん、山口百恵さん……などなど。今でもテレビで耳にし、心が踊る名曲の数々を彷彿とさせるようなオリジナル・ナンバーが盛りだくさんですので、色々と研究しつつ、創り上げていきたいです。」

k09k10
中央は、井上陽子藤澤知佳  平山 透

左上の写真は、紅白歌合戦への復活出場に賭ける演歌歌手役の井上陽子さん。バックダンサーを従えて、新曲の稽古です。右の写真は、デビュー曲の歌稽古をする新人歌手役の平山透さんと歌の先生役の藤澤知佳さん。平山さん演じる新人歌手は、売り出す個性が決まらず、何度も芸名とコンセプトを変え続けることに・・・。歌手たちの奮闘の物語です。

井上陽子「こんにちは!組、演歌歌手「松みどり」役の井上陽子です。この度ミュージカル座さんの作品に出るのは4作品目になりますが、コメディーの挑戦は初です!そして、ハマナカ先生とご一緒させていただくのも初!!そのお初続きの中で頂ける役が、なんと演歌歌手!もうこれだけで魅力満載でした!!演歌なんて勉強したことないですから、自分にとってかなりハードルの高い役でしたが、やったことがないことにチャレンジさせてもらえるのは役者にとっては、やはり有難いこと。与えられた曲を試行錯誤しながら自分の歌にしていく過程は楽しく、また「松みどり」というキャラクターに肉付けしていくこと自体が何よりも楽しいです!このお話を頂いた時から今まで本当にワクワクしっぱなし!そして、日に日に台本や新曲が届くという現場なので、自分の役が今後どう登場させてもらえるのか、稽古場が常にアピールの場でもあるわけです。やりがいありまくりですよー!!どうやら松みどりの行く末は、ハマナカ先生の中で固まったご様子!!私もとても楽しみです。演歌歌手として必死に生き続けている女性。華々しい世界に生きてるからこその苦悩など、彼女の必死さを全力でお届けできたらと思っています。」

平山 透「ひめゆり」に引き続き、ハマナカ先生の新作に出演させていただき、大変喜びを感じています。この新作「スター誕生」で、ミュージカル座出演は2回目となりますが、とても個性ある役をいただき、本当に有難いです。童謡や昭和歌謡曲のような曲が好きな僕にとっては、稽古の毎日が楽しくて仕方がありません。僕の役はまるで今までの自分を見ているようで、こんなことあったななんて思い出したりしながら役作りをしています。やっていて、どこか懐かしさも感じるところがまた魅力的で、笑いどころもたくさん。より多くの人に楽しんでいただきたい作品です!」

k11k12
振付中森 雄基

左上の写真は、オリちゃん(香本真梨奈)が歌う「売れるか売れないか」の振付風景。デビューしても売れなければ次はない、きびしい芸能界。個々のタレントが売れるか売れないかを、テレビを見続けているオリちゃんがするどく予言します。右上の写真は、新人歌手役を稽古する森雄基さん。自分の個性を見つけるために迷走する役どころです。

Category: スター誕生 | 2015.08.09

PAGE TOP