「ひめゆり」衣裳合わせが行われました|ミュージカル座は新しい国産ミュージカルの創造と普及を目的に、1995年に創立した劇団です。今を生きる人とミュージカルの感動を分かち合うために歩みを続けています。オリジナル・ミュージカルなら!

ホーム > ステージ > 『ひめゆり 』稽古場だより > 

「ひめゆり」衣裳合わせが行われました

ミュージカル『 ひめゆり 』稽古場だより ミュージカル『 ひめゆり 』公演ページ
ひめゆり
Category: ひめゆり | 2015.06.12
「ひめゆり」衣裳合わせが行われました
檜山上等兵を演じる松原剛志はいだしょうこ  松原剛志

昨年に続いて檜山上等兵役を演じる松原剛志さん。「レ・ミゼラブル」「タイタニック」「マルグリッド」「アリス・イン・ワンダーランド」など多くのミュージカルや歌で活躍中。ミュージカル座11月公演「何処へ行く」に主演することが決まっています。


松原剛志
「戦後70年という節目の年に、この「ひめゆり」が再演され、その公演に参加出来ることに責任と意義を感じています。キャストが変わることで、そのフレッシュな表現にハッとさせられることもあり、毎回、新鮮な気持ちで稽古に臨んでいます。僕自身、戦争体験者ではないので、どんなに想像力を膨らませようとも、沖縄の方々の深い悲しみを理解し得ないとは思いますが、演劇に完成というものがないように、毎回、真摯な気持ちで、この作品に向き合うことで、真実味のある舞台にしてきたいと思っています。この作品を観ていただき、特に若い方たちの心に想うことが残ったならば、今年も出演させていただいたことにより大きな意義を持てるのではないかと思っています。」


日本女子大学在学中に東宝ミュージカルアカデミー1期生に合格。その後は、「ミス・サイゴン」「ラブ・ネバー・ダイ」など多くの舞台に出演。今年3月のミュージカル座「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」で、リン役を演じて実力を見せました。

佐々木由布
「3年ぶりに、この「ひめゆり」という作品に出演出来ることを、とても光栄に思います。前回に学徒の役で出演した時に、ハマナカ先生に「お下げ髪ともんぺのイメージがない」と言われて、もう二度と「ひめゆり」には縁がないのかなあと思っておりましたが(笑)、この度、サチという大人の女性役で出演させていただくことになり、また違った角度からこの作品を見ることが出来ることに感謝しています。サチは、戦争の中で過酷な運命を生きますが、平凡な一人の女性だと思います。自分が感じているサチという女性を、いかに自分を通してお客様に伝えられるか、嘘のないように生きたいと思います。今の私たちから見ると、目を覆いたくなるようなシーンもありますが、70年前に実際に起こった歴史なので、是非、目をそむけずに、何かを受け取っていただけたら嬉しいです。」


杉原上等兵役を演じる染谷洸太さん。若手ミュージカル俳優の注目株で、最近はミュージカル「シャーロック・ホームズ2~ブラッディ・ゲーム~」「ミス・サイゴン」「LittleWomen~若草物語~」ミュージカル座「BEFORE AFTER」などに出演しています。

染谷洸太
「「ひめゆり」は2度目なんですけど、前回と比べて違うなと感じるのは、この作品を通して何を伝えたいかっていうのが、自分の中で変化しました。平和に対する祈りと共に、命というものを振り返る機会になってもらえたら幸いだと感じています。自分の大切な家族や友人、そして人にかぎらず、生きとし生けるものに対して、命というものは、決して無駄にしてはならないものだと強く感じています。稽古場で共演者の方たちと芝居させてもらって、型にはまらず、キャッチボール出来るところが、すごく楽しく刺激的に感じています。前回の「ひめゆり」から今まで、いろんな作品と役を経験させてもらいましたので、成長した自分を見てもらいたいと思います。」


岡教頭先生役と軍医役を演じる岡智さん。「ミス・サイゴン」「レ・ミゼラブル」「マイ・フェア・レディ」「サウンド・オブ・ミュージック」「風と共に去りぬ」「オペラ座の怪人」など、舞台出演4,200回を超えるベテラン。ミュージカル座は、「チェアーズ」に続く出演です。

岡 智
「私は、初舞台が「ああ、ひめゆりの塔」という作品での主演でしたので、「ひめゆり」ということに関しては、とても思い入れがあります。まだまだ僕たちが子供の頃は、戦争に触れることが多くて、戦争の悲惨さについては、ずっと考えて来ましたので、戦後70年というこの機会に、この作品に出演させていただくことを大変意義深く感じております。しかも、自分と同じ岡という名前の役ですから。稽古場は、学徒を演じる若い方たちのエネルギーと生命力を感じます。実際、このような若い子たちが、あの戦争で死んで行かなければならなかったかと思うと、改めて軍国主義思想の恐ろしさと教育の大切さを感じます。本当に、戦争だけは絶対にいけない、この世からなくして行かなければならないものだと願いながら、この舞台をお届けしたいと思います。」


衣裳合わせ

「ひめゆり学徒」胸章

衣裳合わせが行われました。左上の写真は、へちま襟の制服を着たひめゆり学徒です。左から、井越有彩さん、長谷川ゆうりさん、友松花穂さん。昭和16年(開戦の年)に、それまでのセーラー服からへちま襟の制服に変更になったものを、資料写真を元に忠実に再現しました。一人一人の胸には、こちらも本物そっくりに再現されたひめゆり学徒の胸章(右上の写真)がついています。細部にまでこだわった作りが舞台のリアリティを高めます。

Category: ひめゆり | 2015.06.12

PAGE TOP